ダークエルフ物語―夜明けへの道

電子版価格 ¥2,090
  • 電書あり

ダークエルフ物語―夜明けへの道

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 607p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784048687522
  • NDC分類 K933
  • Cコード C0097

内容説明

海賊拿捕船“海の妖精”号に乗り組んでいたドリッズトらは、邪悪な陰謀によって“呪われた魔女の島”に導かれ、そこで不可解な詩篇を手に入れる。その謎を解き明かすべく、一行は魔法に導かれて高名な僧侶カダリー(『クレリック・サーガ』主人公)の住まう“高揚する精神”寺院に向かうが…『ダークエルフ物語 ドロウの遺産』『同 星なき夜』『同 暗黒の包囲』と続いてきた“遺産”シリーズ完結編。極寒の最果ての地で、ついに最強最悪の魔族軍との最終決戦が始まる。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

そら

4
アイスウィンドサーガで登場した死王魔族エルトウとの死闘。 最期までドリッズド、グエンワイバーは格好いいね~ これで、現在日本語で読めるダークエルフ物語はこれにて終了。 米国ではかなりのシリーズが出てるみたいだから、どこかの出版社が出してくれるといいのにな。2016/04/08

空飛び猫

2
囚われていたのは彼だった。 苦しみの果てに、夜明け。 シリーズが、つながる。2012/11/22

KatzenMusik

2
最終巻。既刊シリーズと比較するとやや大人しめな展開だと感じた。フォゴットン・レルムの沿岸地域を巡る冒険を一冊に纏め上げているのは作者のTRPGゲーマーとしての経験の賜物であろう。これが書かれたのが二十数年前。本来なら富士見ドラゴンブックより全巻リリースの予定であった。しかし、折からの不況とそれに伴う国内TRPG不振も重なり、国内でのシリーズ刊行は現在まで待たなければならなかった。この傑作の不運はそこにある。これを読んだ諸兄には機会があれば是非、富士見ドラゴンブック版を通して読んで貰いたい。2011/09/29

しゃお

1
ダークエルフの剣士ドリッズト・ドゥアーデンが主人公のファンタジー小説、ここに完結。海賊と戦ったりデーモンと戦ったりと最後までかっこいいバトルの連続。自分の因縁に他者を巻き込みたくないと悩んだり、キャッティ・ブリーといい雰囲気だったりのドリッズト。優しさと勇猛さを兼ね備えた彼はまさにフォーゴトン・レルムのヒーローと言えましょう。最後まで楽しく読めました。TRPGも遊んでるのでお馴染みのモンスターや呪文にニヤリ。でも、PC版バルダーズゲートでドリッズトに斬りかかって返り討ちにあったので、そこはちょっと複雑w2015/10/05

saori

1
カダリーが、外見は、160歳くらいに年老いているのに、29さいだったので、とても驚いた。今回も半蛇半神や四腕魔族など変な怪物が、いっぱい出てきた。囚われていたのは、ザクネイフィンではなくウルフガーだった。2012/03/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/3013800

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。