• ポイントキャンペーン

アスキー新書
脳を丸裸にする質問力

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 191p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784048686143
  • NDC分類 809.4

内容説明

「質問することは褒めること」「相づちも質問の一つ」…30年にわたりライターとして2万人以上の人間を取材・インタビューしてきた著者が、独自に培った「質問」のノウハウを、多彩なエピソードを交えて公開する。仕事や人間関係がスラスラうまくいく“訊く技術”満載!これさえ身につければ、人間関係で恐いものなし。

目次

第1章 仕事の壁を超える質問力(質問する仕事の前はニートだった;『週刊ポスト』の記者となった ほか)
第2章 絶対にしゃべらない相手をしゃべらせる(コミュニケーションはいい質問から始まる;「間接的に褒める」という質問 ほか)
第3章 相手が思わずホンネを話す質問力(ウソをつく人は質問の先を読んでいる;名人に学ぶ質問力 ほか)
第4章 相手に“Yes”と言わせる質問力(人は質問するために生まれてきた;約束時間に早く行くと質問力に幅が出る ほか)
第5章 相手をその気にさせる質問力(質問に「答え」はいらない;質問されるのが苦手な人は外堀から攻める ほか)

著者紹介

増田剛己[マスダタケキ]
1958年、下関生まれ。大学卒業後、コラムニスト兼ビジネス系ライターとして『週刊ポスト』『Big Tomorrow』『宝島』などの雑誌媒体、書籍を中心に執筆活動を行なう。下関マグロのペンネームも持つ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)