デジタルサイネージ戦略―電子看板最前線 日本を動かす次世代メディア

個数:
  • ポイントキャンペーン

デジタルサイネージ戦略―電子看板最前線 日本を動かす次世代メディア

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月10日 12時38分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 239p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784048684798
  • NDC分類 674.8

内容説明

日本中の街で動き始めた次世代メディア。国内サイネージの現在と課題、未来がわかる。博報堂、SI、大日本印刷、森ビル、ソニー、内田洋行、JR、医療サイネージ業界キーマン35人の貴重なインタビューを掲載。

目次

序章 デジタルサイネージとは(デジタルサイネージの定義)
第1章 デジタルサイネージというメディア(ここにもあそこにもサイネージ;サイネージ都市、トーキョー ほか)
第2章 ビジネスとサービスの展望(ビジネスとサービスの構造;総合的なサービス戦略 ほか)
第3章 コンテンツとマーケティングの広がり(クロスメディア・マーケティングの担い手;流通業界のマーケティング戦略 ほか)
第4章 日本型デジタルサイネージの可能性(ものづくり力とポップ文化力の結合;ケータイと自販機 ほか)

著者紹介

中村伊知哉[ナカムライチヤ]
デジタルサイネージコンソーシアム理事長。慶應義塾大学メディアデザイン研究科教授。融合研究所代表理事。1961年生まれ、京都大学経済学部卒、慶應義塾大学博士。ロックバンド「少年ナイフ」ディレクター、郵政省、MIT客員教授、スタンフォード日本センター研究所長を経て現職

石戸奈々子[イシドナナコ]
デジタルサイネージコンソーシアム理事・事務局長。NPO法人CANVAS副理事長。東京大学工学部卒、東京大学学際情報学修士。MITメディアラボ客員研究員を経て現職。モバイルコンテンツ審査・運用監視機構理事、総務省地域情報化アドバイザー、内閣官房違法・有害情報対策官民実務家ラウンドテーブル構成員、コンテンツ学会理事等を兼務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)