カドカワBOOKS<br> 草魔法師クロエの二度目の人生〈3〉―自由になって子ドラゴンとレベルMAX薬師ライフ

個数:
電子版価格 ¥1,430
  • 電書あり

カドカワBOOKS
草魔法師クロエの二度目の人生〈3〉―自由になって子ドラゴンとレベルMAX薬師ライフ

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ 46判/ページ数 308p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784047375130
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

子ドラゴンのエメルに背中を押され、因縁の人物や場所を少しずつ克服しているクロエ、十五歳です。
ところがある日、ローゼンバルクに不仲の弟アーシェルがやってきて困惑。
しかも〈火魔法〉のはずの弟が抱える秘密が、大神殿を巻き込む大騒動を起こすことになるなんて!
さらに学校では、一度目の人生で私が投獄された元凶・サザーランド教授とついに出会ってしまい!?

様々な出来事に心揺れながらも立ち向かう、全てとの決着。
そして、辿り着く驚きの真実(ループした理由)とは――?

内容説明

子ドラゴンのエメルに背中を押され、因縁の人物や場所を少しずつ克服しているクロエ、十五歳です。ところがある日、ローゼンバルクに不仲の弟アーシェルがやってきて困惑。しかも“火魔法”のはずの弟が抱える秘密が、大神殿を巻き込む大騒動を起こすことになるなんて!さらに学校では、一度目の人生で私が投獄された元凶・サザーランド教授とついに出会ってしまい!?様々な出来事に心揺れながらも立ち向かう、全てとの決着。そして、辿り着く驚きの真実とは―?

著者等紹介

小田ヒロ[オダヒロ]
『転生令嬢は冒険者を志す』1~3巻(カドカワBOOKS)にてデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ささきち

7
完結。急ぎ足気味だったがこれは打ち切りなのだろうか?終わり良ければ全て良しだろ!という雰囲気はいいのだが、クロエの濁らせだけはこれでもかと濃い目に描かれているのに、ここまでクロエを追い込んだ黒幕とか無能達の処分描写がとんでもない手抜きというか尺の都合でカットですという感じで超絶あっさりと終わってしまい爽快感が皆無でクロ虐で下がった気分が持ち直せずに読み終わってしまったよ。クロエが戦闘向きの性格をしてないのを引いてもステータスはカンスト状態やん?なのにここまでボコられるんか…という気分になるよね。2023/09/07

1
kindle2023/06/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21224967
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。