追加戦士になりたくない黒騎士くん

個数:
電子版価格
¥1,430
  • 電書あり

追加戦士になりたくない黒騎士くん

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年05月26日 20時37分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 340p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784047374959
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

突如として人類の敵である怪人が出現してから約一年。迷い込んだ研究施設から戦闘スーツを盗み出した穂村克己は、“黒騎士”として暗躍していた。自身を襲ってくる怪人を倒したり、時には怪人に襲われている人を助けたり。しかし所詮は盗んだ戦闘スーツで自由を謳歌し、怪人との戦闘で街を破壊する犯罪者。『正義の味方“ジャスティスクルセイダー”に敗れ、死を迎える』それが克己の思い描く黒騎士の最期。だったのだが……なぜかジャスティスクルセイダーに勧誘されることに!? 実は世間では黒騎士はダークヒーローとして人気者だった上に、衝撃の事実が明らかに!? 果たして黒騎士の運命は――。自身をワルモノだと思い込む勘違い系ダークヒーローと、その熱狂的ファンによるドタバタコメディ、開幕!

内容説明

突如として人類の敵である怪人が出現してから約一年。迷い込んだ研究施設から戦闘スーツを盗み出した穂村克己は、“黒騎士”として暗躍していた。自身を襲ってくる怪人を倒したり、時には怪人に襲われている人を助けたり。しかし所詮は盗んだ戦闘スーツで自由を謳歌し、怪人との戦闘で街を破壊する犯罪者。『正義の味方“ジャスティスクルセイダー”に敗れ、死を迎える』それが克己の思い描く黒騎士の最期。だったのだが…なぜかジャスティスクルセイダーに勧誘されることに!?実は世間では黒騎士はダークヒーロートとして人気者だった上に、衝撃の事実が明らかに!?果たして黒騎士の運命は―。自身をワルモノだと思い込む勘違い系ダークヒーローと、その熱狂的ファンによるドタバタコメディ、開幕!

著者等紹介

くろかた[クロカタ]
茨城県出身。大学在学中に執筆活動を開始(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

サケ太

8
黒騎士による、世論的にも性格的にも無理だと思われる抵抗。彼のスタンス的には、ヒーローとかけ離れていると思っている様子だが……。シリアスとギャグが同居する様な感じながら、ヒーローもの的な熱さも持っている。良い作品。2023/07/31

真白優樹

8
突如として怪人と呼ばれる存在が発生するようになった世界で、偶々持ち出した試作スーツで戦っていた少年が、正義の味方に保護され始まる物語。―――不格好なワルモノが正義を振るい、無敵の力がその身に宿る。 ワルモノかと思えば世間的には絶対無敵のヒーロー、そんなちぐはぐさとドタバタの中に、一抹のシリアスの気配とヒーローものの熱いバトルがある巻であり、まっすぐに胸を打つ面白さがある物語である。一つの戦いの中、強者に認められその身は傷つき。果たして不器用なワルモノは本物のヒーローになれるのか。 次巻も勿論楽しみである。2023/07/02

久利大也

3
盗んだスーツで勝手に怪人と戦ってた黒騎士くん、世間からはふつーにヒーロー扱いされてた! ぐいぐいくる3人娘をどうにも無碍に出来ない黒騎士くんの善人っぷりと、ドタバタしながらちょっとずつ気持ちが変わっていくのよかったです。 怪人が割とガチで卑劣なので、真正面から殴り飛ばしてくれるの気持ち良かったですね。変身ボイスでめっちゃテンション上がりました2023/07/21

菊地

2
「追加戦士」という概念、各世代で初めてその概念に触れる作品は何なんでしょうね。 それはそれとして、序盤はコメディで立ち上がりながら、後半に向けてスケール感や熱量が増していく、とても良いヒーロー作品でした。面白かったです。2023/07/01

コオロ

2
一人だけスタンスが違う、最初は敵対していた、などの戦隊の追加戦士のお約束を踏まえた上で、「お前だけ世界観が違う」「お前だけキャラのクセがすごい」「お前だけで別の番組を作れる」「もうお前だけでいいんじゃないかな」「なんでお前だけが物語の縦軸を背負わされてるんだよ(かわいそう)」などなどの歴代の追加戦士へのツッコミを作品として昇華したような活きの良い特撮ヒーローラノベでした!2023/07/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21187876
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。