ファミ通文庫<br> わたしを愛してもらえれば、傑作なんてすぐなんですけど!?

個数:
電子版価格 ¥748
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ファミ通文庫
わたしを愛してもらえれば、傑作なんてすぐなんですけど!?

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月19日 19時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 279p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784047367371
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

早逝した大作家が遺したのは、五冊の著作と丘の上の一軒家。売れない高校生作家・進太朗は父の残してくれたその家でりやなさんと出会った。「きみをわたしにくれたなら、きみがいちばん欲しいものをそそいであげる」そうして唇を奪われた瞬間、素晴らしい小説のアイデアを閃くが――進太朗は執筆を拒否! 「書ーいーてーよー! 絶対おもしろいんだからぁーっ!」と涙目で訴えるりやなさん。彼女は自分が読みたい物語のために才能を授ける妖精だというのだが――かくして、高校生作家が美しい妖精に誘惑されまくる奇妙な同棲生活が始まった!

内容説明

早逝した大作家が遺したのは、五冊の著作と丘の上の一軒家。売れない高校生作家・進太朗は父の残してくれたその家でりやなさんと出会った。「きみをわたしにくれたなら、きみがいちばん欲しいものをそそいであげる」そうして唇を奪われた瞬間、素晴らしい小説のアイデアを閃くが―進太朗は執筆を拒否!「書ーいーてーよー!絶対おもしろいんだからぁーっ!」と涙目で訴えるりやなさん。彼女は自分が読みたい物語のために才能を授ける妖精だというのだが―かくして、高校生作家が美しい妖精に誘惑されまくる奇妙な同棲生活が始まった!

著者等紹介

殻半ひよこ[カラナカヒヨコ]
『侵略性外来種『勇者』』にて第20回えんため大賞優秀賞を受賞し、デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

芳樹

31
ナイスバディの美しき妖精と売れない高校生作家のドタバタラブコメかと思ったら全然違った。『作家』というクリエイターが、作品を生み出すことに正面から向き合う姿を描いたガチンコの作品でした。作者の創作にかける熱い思いが作品を通じて大いに伝わってきて感激。自分も Happy to be continued. な物語大好きです。面白い!2021/09/12

よっち

24
早逝した大作家である父が遺した五冊の著作と丘の上の一軒家。売れない高校生作家・進太朗は、父の遺したその家で読みたい物語のために才能を授けてくれるお姉さん妖精・りやなと出会う創作小説。手を変え品を変えながらぐいぐい迫ってくるりやな相手に、安易に流されずに執筆を拒否する進太朗。偉大なる父相手に拗らせているように見えた進太朗でしたけど、そんな彼が苦しかった時から支えてくれる人たちもいて、彼なりのやり方でりやなと真摯に向き合おうとする姿に、彼女もまた感化されて新しい関係が生まれてゆく展開はなかなか良かったですね。2021/08/28

TERU

10
売れない高校生作家『進太朗』は、作家だった父の残してくれた丘の上の一軒家で、望むことをなんでもやってくれるお姉さん妖精と出会った。 彼女は自分が読みたい物語のために才能を授ける妖精だというのだが...高校生作家が美しい妖精に誘惑される奇妙な同棲生活が始まる。 イラストとあらすじから受けた印象と全然違う中身でした。 あらすじだけだと、ドタバタクリエイター系の印象を受けると思いますが、その真逆の雰囲気でした。ドタバタ2021/09/07

のれん

10
【酷評】 中々クセのある文体でタイトルやイラストから乖離している。倒置法の多用や、長ったらしい言い回しに作者自身今作の主人公には大きく感情移入していると伝わる。 妖精譚は人外故の不条理さと愛らしさが魅力の一つだが、そこから創作に対しての持論に終始してしまうのは残念。 父親との確執と彼女の人間性獲得が、キャラクター背景だけで完成してしまってる。 主人公が作品作りの熱弁だけで一皮剥けてそうなのが首傾げ。 もし文体の語りの雰囲気と構成が良ければ純文学っぽくなるレベルで、ラノベから離れてる気がする。2021/08/31

リク

7
作家のエゴを描いた作品。売れる作品と描きたい作品のどちらを重要視するべきか。もちろん読者としては面白い作品こそが正義だけど、売れずにひっそりと消えた名作が数あることも、リビドーに溢れた作品が心を揺さぶることも知っている。正解なんてないのだから、個人的にはエゴで突き抜けてほしいと思うかな。手癖で描いた作品ってなんとなくわかるし、信念こそが一番大事なんじゃないだろうか。そういう面ではこの作品は描きたいことを描ききっていたので良かった。2021/09/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18337454

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。