ファミ通文庫<br> 俺だけレベルが上がる世界で悪徳領主になっていた〈2〉

個数:
電子版価格 ¥748
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ファミ通文庫
俺だけレベルが上がる世界で悪徳領主になっていた〈2〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月16日 01時09分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 275p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784047366732
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

ユラシアの母国――ロゼルン王国は滅亡の危機に瀕していた。暴政を敷く隣国ブリジトが宣戦布告をしてきたのだ。ブリジトの強大な軍隊と残虐非道な戦術の前に、為すすべもなく敗北を重ねるロゼルン王国軍。エルヒンの知る歴史のままこの戦いが進めば、ユラシアは戦死し国も滅んでしまう。彼女を救うためエルヒンはルナン国王に援軍の派遣を進言する。だが派兵を渋る国王に与えられたのは、敵軍の半分にも満たないほどの兵力で――!? 本格派戦略ファンタジー、第2弾!

内容説明

ユラシアの母国、ロゼルン王国は滅亡の危機に瀕していた。暴政を敷く隣国ブリジトが宣戦布告をしてきたのだ。ブリジトの強大な軍隊と残虐非道な戦術の前に、成すすべもなく敗北を重ねるロゼルン王国軍。エルヒンの知る歴史のままこの戦いが進めば、ユラシアは戦死しロゼルン王国も滅亡してしまう。彼女を救うためエルヒンはルナン国王に援軍の派遣を進言する。だが派兵を渋る国王に与えられたのは、敵軍の半分にも満たないほどの兵力で―!?本格派戦略ファンタジー、第2弾!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

岡本

82
ヒロインの王国を守り、将来の布石として侵略国を返す刀で侵略した主人公。所属する国の腐敗っぷりが鮮明になり、功績を掠め取られそうになるものの、確りと資源を確保するのは流石。優秀な人材でもあるヒロインも確保でき、今後の展開に期待。2021/12/28

尚侍

7
とっても面白かった。正直ラノベとしてみると全体的に粗い部分があるのですが、個人的にはラノベというよりも信長の野望のリプレイ的なイメージで読んでいるので、その視点だと能力値の解説はあるし話はさくさく進んで読みやすいしで、そうした部分はあまり気にならなかったりします。ただ、その上で注文があるとすれば次巻ではキャラ紹介とあらすじが欲しいということですね。キャラの名前が似ていることに加えて、名前よりも能力値で覚えている部分があるので、次巻ではぜひあらすじとキャラ紹介を入れてもらいたいです。2021/06/02

真白優樹

6
領地の整備と家臣の充実に励む中、ユラシアからの要請に応じ、僅かな手勢を率いて大軍へ立ち向かう今巻。―――どんな窮地も覆せ、大局の先の目的のために。 新たな可能性の塊である部下を手に入れたり、大軍相手に現代の策略をぶつけ各個撃破したり。更に生き残りを賭けて、エルヒンの更なる策略が炸裂する巻であり、更なる雌伏の時を迎えながらも少しずつ世界を広げていく、二巻の動きとして完璧ともいえる巻である。押し付けられながらも手に入れた宝の眠る地。果たして腐敗した国の中での戦いの行方は何処へ。 次巻も勿論楽しみである。2021/06/04

KUU

2
恋愛要素要らねぇな。 いや、いい出来ならそら別だけど、これなら全く無い方がよほど良い2022/07/02

よし

2
面白くて一気に読んでしまいました、ただゲーム要素が強いので読み手を選ぶかもしれませんね2021/11/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17884860

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。