ファミ通文庫<br> 幼女先輩とゲームでおしごと

個数:
電子版価格 ¥737
  • 電書あり

ファミ通文庫
幼女先輩とゲームでおしごと

  • 提携先に10冊在庫がございます。(2022年05月23日 07時25分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 274p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784047361331
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

地方のゲーム大会で優勝し、晴れてプロ入りした飯野瞬。どうにかゲームで自立したいと考えていた瞬に舞い込んだおいしい仕事。それはコンビを組んでのリーグ戦への参戦だった。しかしコンビ相手はアマチュアでTVでよく見る天才子役・長内梨那! 本当に格闘ゲームできるのか? という瞬の心配をよそに「こう見えて勝負ごとは好きなんです。勝ちにいきます!」と意気込む梨那は、忙しい仕事のなか瞬の家をまめに訪ねてきて――。彼女の真の目的は何なのか? 人生をゲームに賭けた少年と幼女のお仕事コメディ、ラウンド1fight!

内容説明

地方のゲーム大会で優勝し、晴れてプロ入りした飯野瞬。どうにかゲームで自立したいと考えていた瞬に舞い込んだおいしい仕事。それはコンビを組んでのリーグ戦への参戦だった。しかしコンビ相手はアマチュアでTVでよく見る天才子役・長内梨那!本当に格闘ゲームできるのか?という瞬の心配をよそに「こう見えて勝負ごとは好きなんです。勝ちにいきます!」と意気込む梨那は、忙しい仕事のなか瞬の家をまめに訪ねてきて―。彼女の真の目的は何なのか?人生をゲームに賭けた少年と幼女のお仕事コメディ、ラウンド1 fight!

著者等紹介

日の原裕光[ヒノハラヒロミツ]
第24回前期ファンタジア大賞銀賞受賞『ウチの彼女が中二で困ってます。』(ファンタジア文庫)にてデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

芳樹

22
駆け出しプロゲーマーにして休学中の高校生・飯野瞬。芸能界で生き残るための手段として、プロの格闘ゲームで活躍することを目論む美少女天才子役の長内梨那。そんな二人がタッグを組み、プロゲームで世界の頂点を目指す物語。e-sportsを取り上げた王道のスポ根ものでした。格ゲーをあまり知らない私にも、ゲーム勝負の熱さが伝わってきて、とても面白く読みました。気になるのは瞬と梨那の家庭背景と、瞬の幼馴染み麗との関係、そして思わせぶりなラストシーン。これは続編がなければダメでしょう。次回を大いに楽しみにしています。2020/06/30

真白優樹

12
プロゲーマーとして駆け出したばかりの少年が、ゲーム初心者な天才子役の少女と出会い、コンビを組んだ事から始まる物語。―――ここは未知なる開拓地、だから何でも出来るから。 意外と知っているようで知らない、そんなeスポーツの世界を舞台とし光も闇も様々な面を描きながら、少年と少女の絆と互いを高め合う成長を描いた物語であり、素人でも読み易い分かりやすい面白さと熱さに満ちた良い物語である。 一つの入門書としても最適である。果たして事情を抱えた二人はこの未知の世界でどう羽ばたいていくのか。 次巻も勿論楽しみである。2020/07/04

リク

10
幼女×格ゲー。eスポーツを題材にした作品が最近増えてきたなぁ。表紙やタイトルから某作品の匂いが漂うけど、こちらはゲームという万人にわかりやすい題材であることと、初心者の梨那を育てていくという部分がメインなので十分に差別化されていた思う。一足飛びではなく出来ることからコツコツと。着実に成長していく様がしっかり伝わった。普段は子役として求められた役を演じる梨那の素の笑顔が素敵だった。あとロリがメインの作品には魅力的な幼馴染が必要条件なんだろうか? 梨那を食う勢いの麗がすごかった。彼女との関係も気になるところ。2020/07/05

日坂愛衣

10
格闘ゲームにはあまり詳しくないですから、とあるロリ王のおしごとみたいな熱い作品と思う。話が分かる幼女、お世話焼きのふわふわの幼なじみ、そしてちょっと不器用ですけれどしっかり芯を持つ主人公、彼らは家族じゃなく、でもいつか家族以上の関係を作る事ができる。本当にいい印象の物語。でもやはり次はもっと格闘ゲームに関する熱いシーン(解説付き)が増えるといいな~2020/07/01

alleine05

8
まあまあ。『りゅうおうのおしごと!』の後追い臭さを感じるタイトルで、幼女の師匠呼びもその印象を強めたし、梨那の表向きの性格もあいによく似ていたけど、各章の合間に梨那の内面が語られていてその印象の違いから別ものとして楽しめるようになった(とはいえ梨那のキャラクターはあいと天衣のミックスみたいなもんだなというイメージだったが(笑))。ゲームものとしても梨那が初心者の立ち位置なので、あまり格闘ゲームをプレイしたことがなくてもわかりやすかった。エピローグ2で気になる伏線もまかれたことだし、できれば続いてほしい。2020/07/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15985059

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。