ファミ通文庫<br> やがてうたわれる運命の、ぼくと殱姫の叛逆譚(カルテット)

個数:
電子版価格 ¥214
  • 電書あり

ファミ通文庫
やがてうたわれる運命の、ぼくと殱姫の叛逆譚(カルテット)

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2022年05月19日 02時34分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 320p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784047356061
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

酒場で働く少年レンは歯がゆい思いをしていた。街を守ってくれている凄腕の女魔物狩りオルカが、同じ魔物狩りである男性達からまがい物扱いされているからだ。神聖な存在“うたうたい”がその歌による加護を男性にしか与えないため、女性の魔物狩りは見下されていた。オルカの癒しになれたらと、今日もレンは歌う。彼女から向けられている気持ちにも自分の歌に眠る力にも、まだ気づかないまま―。想いが世界を変える王道シンフォニック・ファンタジー!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

33
女性の【うたうたい】が歌の加護を男性にしか与えないため、女性の魔物狩りが見下される世界。街を守ってくれている女魔物狩りオルカたち三姉妹と、魂の歌を歌う少年レンのシンフォニックファンタジー。その歌と性格から周囲に慕われるレンと、彼が憧れるクール(に見えて実は不器用なだけ)なお姉さんのオルカ、そんな二人を見守るオルカの妹たち。不器用な二人の距離感も好みでしたが、災魔流を何とかしようとするレンの勇気、絶望的な戦いを繰り広げる三姉妹を救うために成し遂げた奇跡があって、そんな彼らの旅をまた読んでみたいと思いました。2019/04/26

ホシナーたかはし

27
ラノベ衝動買い三冊目で、私的にやっと当たりが出てほっとした、追いかけたくなる作品。最近流行りのオネショタかと思いきや、主人公レンが、ちゃんとなすべき事をなしている所がグッと来ます。三姉妹もそれぞれ個性があって可愛らしいやら格好良いやら。この話なら、三姉妹とハーレムエンドでも納得。続編希望!2019/05/01

まっさん

24
★★★★ 人類を襲う魔物が跋扈する世界で、女性にしかなることが出来ない【うたうたい】と呼ばれる歌い手から加護を得ることで人類は魔物と戦っていた。しかし【うたうたい】の加護は男性にしか影響を与えることが出来ず性別による役割分担が顕著な世界であった。そんな世界で歌は抜群に上手いものの男性であるために【うたうたい】になることが出来ない少年レンは、女性でありながら魔物を退治する側に回っているスクーデリア三姉妹に憧れている。魔物を退治出来る力もなく【うたうたい】にもなることが出来ない彼は自身の無力感に苛まれるも→2019/05/18

AKF-ZERO

23
表紙買いでしたが、これは当たりどころか大当たりでした。タイトルから推察出来ましたが、世界の理に真っ向から喧嘩を売った【うたうたい】に憧れる少年レンと、凄腕の魔物狩りである年上美人三姉妹の物語。少々苦手とする部分もあったので若干物語に没入しづらかったのですが、中盤からの三姉妹の戦闘がカッコよくて魅せられました。戦闘だけでなくレンに対する三姉妹の惹かれ方も三者三様で面白いです。特に長女オルカの激ラブっぷりがw 本文イラストも戦闘での血糊の書き込みがリアリティがあり、ファミ通から久々に期待大な大作が出ましたね。2019/05/14

わたー

19
【試し読み】紛い物扱いされる魔物狩りの女性と同じく紛い物扱いされる声鳴らしの少年の物語。試し読みでは、ポンコツ系クールお姉さんが年下の少年に不器用にアプローチする姿が丁寧に描かれており、それはそれで面白かったのだが、話の根幹部分はまだこれからなのでモヤモヤする。いや、試し読みとしては、読者をこんな気分にさせたことで満点の出来なのだが。これは続きを読まねば。2019/05/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13639489

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。