ファミ通文庫<br> 偽の恋人だったクラスの美少女たちが、本当に俺のことを好きになっていた件

個数:
電子版価格 ¥715
  • 電書あり

ファミ通文庫
偽の恋人だったクラスの美少女たちが、本当に俺のことを好きになっていた件

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年09月29日 12時26分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 276p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784047355026
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

彼女が3人もできた!?

内容説明

「俺には彼女がいるんだ!」義妹から日々結婚を迫られることに辟易としていた俺は、咄嗟にそんな嘘をついてしまう。早速俺はアリバイ作りのために、リア充の桜井、完璧主義の千本木、そして幼馴染みの蛍に偽の恋人関係を結んで欲しいと頼み込むも全員に断られてしまった…はずが、三人とも恋人になってる!?その後恋人同士の“俺”争奪戦も始まり、さらには俺の異変に気づいた義妹が監視を強化して…!?偽の恋人たちとの、間違いだらけラブコメ、開幕!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

30
義妹から日々結婚を迫られていた藍原優斗が咄嗟に彼女がいると嘘をついてしまい、三人の女の子に偽恋人関係を頼み込んだらみんな偽彼女になってしまう間違いだらけのラブコメ。幼馴染の蛍、リア充の桜井、完璧主義な千本木と利害関係が一致しての三股関係。優斗のターニングポイントにおける行きあたりばったりな対応のまずさが、ことごとく裏目に出てドツボにはまっていくのに、なぜか男らしさを見せて彼女たちの好感度を上げてしまう泥沼っぷりで、幼馴染一択で良かったんじゃ…と思わなくもないですが、ここからどうまとめあげるのか続巻に期待。2019/02/26

まっさん

26
★☆ 以前同じ作者さんの別作品を読んで面白かったので作者買いした作品。結論からいうと今作はそこまで面白い!とはならなかった。兄のことを病的に愛している義妹、ほんわか美少女で10年来の幼なじみ、実はウブで処女な見た目リア充、黒髪毒舌美人。全員どこかで見たことのあるようなキャラクターであり目新しさというものがほとんどなかったのが残念だった。それにしても今作は続刊前提なのかな?タイトルの「本当に俺のことを好きになっていた件」要素が薄すぎてどこか不満に感じてしまった。2019/04/20

サケ太

18
利害一致してるようで全くしてない、新感覚なラブコメ。義妹の猛烈アタックに危機感を感じた主人公が、藁にもすがる思いで、ギャル、幼馴染、委員長に偽恋人役を依頼。それぞれの思惑によって、時間差で了承していくのが楽しい。理由のために、関係をオープンにしているが、異常な三角関係なのに主人公のメンタル強し。義妹がなかなかにチョロいが、愛が重くて面白い。どう考えても破綻しそうな関係だが……?2019/02/28

真白優樹

13
ヤンデレな義妹からの求婚を避ける為、三人の少女に偽装恋人を依頼した少年が、三股となってしまう物語。―――縺れ絡んだ恋の糸、繋がる先は誰の心? この義妹がヤバい選手権があったら上位に食い込めるのでは、そう思うほどに義妹の印象が強くも、少女達それぞれも負けず劣らずの個性を秘めた、ごちゃごちゃに絡まったこの状況こそが青春、そう感じる物語であり、錯綜と迷走が多彩な味を出している、混乱する程に複雑な関係性が好きな読者様にはお勧めできるかもしれない物語である。貴方の推しは誰になるか。 次巻も須らく期待である。2019/03/02

AKF-ZERO

12
主人公藍原の設定に陰キャラとあるが、とにかくしゃべるわツッコむわで、陰キャラからかけ離れており、それでいて陰キャラを何度も強調するのがあまりにも目につき、陰キャラ設定いらないだろと言いたくなる。物語がどうこうではなく、主人公の藍原がどうにも受け入れられないので、次巻は読まないかも。2019/05/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13486215

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。