ファミ通文庫<br> 暇人、魔王の姿で異世界へ―時々チートなぶらり旅〈8〉

個数:
電子版価格
¥715
  • 電書あり

ファミ通文庫
暇人、魔王の姿で異世界へ―時々チートなぶらり旅〈8〉

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 320p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784047355019
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

リュエの可愛い笑顔に隠された秘密が明かされる!

内容説明

闘技大会『七星杯』を制し、七星プレシードドラゴンを倒したカイヴォンたち。彼らの次なる目的地サーディス大陸に着くや否や、カイヴォンが貴族に攫われてしまった!!リュエとレイスはカイヴォンを助け出すため、リュエは拠点となる宿探し、レイスは連れ去られた場所を調べることに。その最中、子供が黒い影に襲われている場面に出会したリュエは、すぐに助けだそうとするのだが…。魔王の姿で世界を跋扈する自由気ままなぶらり旅、待望の第八巻登場!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

真白優樹

5
次の目的地に着いてすぐ、カイヴォンが浚われ、リュエとレイスが救出の為に動くことになる今巻。―――秘された地で出会う、彼が遺した彼女への想い。リュエの秘密、解決策が明かされる中、名状しがたき冒涜的な存在が襲撃してくる、物語が新たな段階へと進む今巻。 今まで出会ったことのない敵は、常識の通用しない更なる強敵。世界の大きさを見せつけられ、一時の別離と相成るカイヴォン達。果たして、一時の新たな仲間と共に向かう王都は如何なる魔窟か。そして、旅路に待っている珍道中はどんなものか。 次巻も勿論楽しみである。2019/03/06

ささきち

4
な~んかいつもの口絵と絵柄が違うような?塗り方が変わったんかな~。セミフィナルが終わり次の大陸へ!オインクとの別れとダリアとの再会な話なんだけど・・・またもやわいの好きな場面がカットされていて物凄く悲しいの。レイスとオインクの戦いとかカイヴォンとオインクの最後のディナーでリアルの話とかなんで削られたんやろ・・・戦いの方は前々からカットされまくっていたから許さないけどしょうがない、ディナーのはこの運命の悪戯の酷さと彼だけが知っているってのが好きだったんだけどな~。そういう所を除けばほぼweb通りだったかな2019/05/06

niz001

3
第一部エピローグ~長めの第二部プロローグって感じ。ああ、豚ちゃん、退場か…。様式美に満ちたお約束の掛け合いが好きだったのに。2019/03/02

菊地

0
やっぱりリュエさんには明るく笑っていてほしいですよね。2019/04/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13486213
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。