ファミ通文庫<br> 銀月の夜、さよならを言う

個数:
電子版価格 ¥726
  • 電書あり

ファミ通文庫
銀月の夜、さよならを言う

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 288p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784047352001
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

さよならを七年後の君へ……。 ぼくとわたしが巡り会う純愛物語。交通事故に遭うところを「高木茜」と名乗る女性に助けられた水原透流は、お礼をするため彼女を食事に誘う。そして意気投合した二人は、交際を重ね親密な関係を築いていくのだが、同時に透流は茜が時折覗かせる物憂げな表情に不安を覚えはじめる。透流はその気持ちを払拭しようと茜との愛を育もうとするが……。茜には透流が想像もできない大きな秘密が隠されていた――。運命に翻弄される二人のあまりに愛おしく、あまりに切ない至極の純愛小説。

樫田 レオ[カシダ レオ]
著・文・その他

とろっち[トロッチ]
イラスト

内容説明

交通事故に遭うところを「高木茜」と名乗る女性に助けられた水原透流は、お礼をするため食事に誘う。そして意気投合した二人は、交際を重ね親密な関係を築いていくのだが、同時に透流は茜が時折覗かせる物憂げな表情に不安を覚えはじめる。透流はその気持ちを払拭しようと茜と愛を育くもうとするが…。茜には透流が想像もできない大きな秘密が隠されていた―。運命に翻弄される二人のあまりに愛おしく、あまりに切ない至極の純愛物語。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

31
交通事故に遭うところを「高木茜」と名乗る女性に助けられた水原透流。七年前に思いを伝えられないまま亡くなった女の子とよく似た茜に、どうしようもないほど惹かれてゆく青春小説。意気投合し交際を積み重ねていきながらも、相変わらず謎の多い茜相手に距離を詰めきれない透流。そして少しずつ明らかになってゆく茜の複雑な想いとその真実。幼さゆえのほんの少しのすれ違いから変わってしまった世界と、気づいていなかった過去の思いがあって。停滞していた二人がこの出会いで新たな一歩を踏み出すその結末は切なくもぐっと来るものがありました。2018/06/28

Mu@芒羊會

14
並行世界的ファンタジー設定による、亡くなった好きだった人との恋物語。 その設定は好きなんだけど、うーん、どうも個人的にはしっくりこなかった。 なんというか、主人公の思考の持って行き方や行動に、いろいろ引っかかって、物語の中にうまく入り込めなかったかな。 なので、クライマックスもどうも上滑りしているような印象で、感動まではいかなかった。 設定は良いだけに、ちょっと残念な印象だ。2019/04/26

た〜

14
悪くはないけれど、最初の段階で仕掛けが分かってしまって、あとは予定調和かな。いささか期待しすぎたかな。2018/07/23

chi.

11
大学生の水原透流は交通事故に遭うところを「高木茜」と名乗る女性に助けられる。透流の大切な人に似ている茜と次第に親密になっていくが、茜には隠していることがあった。不思議な現象が起こる銀月の夜、その秘密が明かされる。 2018/09/01

かっぱ

9
交通事故に遭いそうになる大学生の透流が昔恋した少女に瓜二つの女性・高木茜に助けられるところから始まる切ない青春物語。いつか別れの日がくると分かっているからこそ緻密に描かれる心理描写がより読者の心を刺激する。二人が少しずつ仲良くなっていく有り触れた温かな日常が愛しい。ただオチまでの仕掛けが最初から分かっているのでそこに対するカウンターが欲しい人にはひと押し足りないかも。大きなドラマは要らない。甘くて、ほろ苦くて、それでも最後にたしかな光が差し込む切なくもやさしい物語が読みたい人にはオススメしたい一冊2018/08/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12892754

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。