ファミ通文庫<br> オミサワさんは次元がちがう

個数:
電子版価格 ¥704
  • 電書あり

ファミ通文庫
オミサワさんは次元がちがう

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 288p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784047350564
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

天才のオミサワさんは、三つほど次元が違う人だった――。大学二年の雪斗には気になる女性がいた。芸術科の小海澤有紗。無表情、無感情で人と関わろうとせず、そこかしこに絵を書き散らすも、その落書きが数百万の価値を生む百年に一度の天才。人とのコミュニケーションが断絶してしまっているそんな小海澤さんが気になり、なんとかお友達にこぎつけた雪斗。しかし天才との変わった交流を楽しむはずが、彼女の重大な秘密を共有することになり――。次元が違う彼女とのもどかしくピュアなキャンパスラブストーリー。

桐山 なると[キリヤマ ナルト]
著・文・その他

ヤマウチ シズ[ヤマウチ シズ]
イラスト

内容説明

大学二年の雪斗には気になる女性がいた。芸術科の小海澤有紗。無表情、無感情で人と関わろうとせず、そこかしこに絵を書き散らすも、その落書きが数百万の価値を生む百年に一度の天才。人とのコミュニケーションが断絶してしまっているそんな小海澤さんが気になり、なんとかお友達にこぎつけた雪斗。しかし天才との変わった交流を楽しむはずが、彼女の重大な秘密を共有することになり―。次元が違う彼女との、もどかしくピュアなキャンパスラブストーリー。

著者等紹介

桐山なると[キリヤマナルト]
『四百二十連敗ガール』で第14回えんため大賞“大賞”を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ami*15

47
同じ世界にいるはずなのに小海澤さんには違った世界に見える。「次元」とはどういう意味なのか、雪斗がよく耳にした「ごんごんじー」という意味深な言葉は何なのかなど気になる点が多く、どんどん先に進みたくなるような物語でした。小海澤さんが見る一味違った世界、それはクラクラしていてどこか現実離れしているような不思議な世界のように見えた。小海澤さんと次元に関する秘密を知ると彼女の寂しさも人付き合いが苦手な理由もよくわかりました。あと最後のイラストにはやられた。あのイラストこそがこの物語の全てではないかと読後思いました。2018/05/10

まりも

36
無表情、無感情で人と関わらない小海澤さん。周囲から変人扱いされる彼女のことが気になる雪斗と小海澤さんの次元違いのラブストーリーここに開幕。変人とのただのラブコメかと思ったら、そんな事はなかった。ただのコミュ障だと思っていた小海澤さんの秘密や、彼女の抱えていた想い。そして彼女の事を理解し、傍にいようとする雪斗の想い。そんな彼と彼女が迎えた結末はとても素敵でキュートでした。例の小海澤さんが描いた絵画なんてね、もうニヤニヤが止まらないってもんですよ。奇妙奇天烈だけど、すっごくキュンとする。そんな1冊でした。2018/04/01

よっち

35
無表情・無感情で人と関わろうとせず、そこかしこに絵を書き散らす芸術科の天才・小海澤有紗。変人扱いの彼女を気にかける雪斗が関わってゆくうちに、彼女が抱える秘密に巻き込まれてゆく青春小説。コミュ障なオミサワさんと些細なやり取りを重ね交流を深めてゆく地道な努力が微笑ましくて、文字通り次元が違う秘密を知っても彼女を理解し共にあろうとする雪斗。大切だからこそ苦悩するオミサワさんでしたけど、彼女の想いを垣間見た雪斗と相変わらず難しい境遇でも確実に変わりつつある彼女が迎えた素敵な結末には、ついニヤニヤしてしまいました。2018/03/28

かわゆきか

26
次元が違うって、変人芸大生に対するものの例えじゃなかったのか。最初にみんなの前で泣き出した理由もなるほど。思ってたストーリーと違ってたけど、それがむしろ良かったし、面白いミステリーだった。なるほど、主人公があの絵の意味も分からず、直感的に惹かれた訳ですね。2018/04/22

サキイカスルメ

20
ラストのイラストは先に見ちゃダメだからね(パラ読みで見てしまった人より)大学二年で芸術家に足しげく通う雪斗と、百年に一度の天才であり奇妙な言動で有名な小海澤さんのお話。素晴らしく好みでした。すっごく面白かったです!読み始めて、変わってる子との交流だね、頑張れ雪斗!→あれれ、これはホラー……?ちょっと怖いのですけれども→次元が違うだけでラブコメじゃないか、そしてバカップルじゃないか、までの流れ(笑)諦めず好きな気持ちを貫き通す雪斗が、よかったです。ラストのイラストは素敵すぎるの一言に尽きます。2018/04/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12687409

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。