ファミ通文庫<br> 最弱魔王の成り上がり―集いし最強の魔族

個数:
電子版価格 ¥660
  • 電書あり

ファミ通文庫
最弱魔王の成り上がり―集いし最強の魔族

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2022年01月26日 22時48分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 284p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784047349025
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

最強魔族が父親代わりに最弱娘を導く、魔王少女育成ファンタジー!!かつて魔王リガルに命を救われ、魔剣を授かった魔族の傭兵サガ。血の滲むような修練で強大な力を得た彼はリガルが命を落とし、領地が他の魔王勢に侵略されたとの噂を耳にする。だが、彼の死を信じることができないサガは彼の居城デモンズファー城を目指すことに。その道中、彼は侵略から生き残ったリガルの娘ファムに出会う。ひ弱で大人しい彼女を最強の魔王に育て上げることがリガルへ借りを返すことだと信じ、助力を申し出るのだが――!? 魔王少女育成ファンタジー登場!!


草薙 アキ[クサナギ アキ]
著・文・その他

TAKTO[タクト]
イラスト

内容説明

かつて魔王リガルに命を救われ、魔剣を授かった魔族の傭兵サガ。血の滲むような修練で強大な力を得た彼はリガルが命を落とし、領地が他の魔王勢に侵略されたとの噂を耳にする。だが、彼の死を信じることができないサガは彼の居城デモンズファー城を目指すことに。その道中、彼は生き残ったリガルの娘ファムに出会う。ひ弱で大人しい彼女を最強の魔王に育て上げることがリガルへ借りを返すことだと信じ、助力を申し出るのだが!?魔王少女育成ファンタジー!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

真白優樹

3
―――弱いからこそ手に出来る、誰にも負けぬ強さがある。最弱の身体に強い力と果てなき夢を抱く少女。少女の父に救われ、最強へと至った傭兵の青年。そんな彼等の周りに家族に等しき者達が集まり、征服への一歩を歩き出すこの物語。ここにあるのは、強い絆を以て道を切り開く者達であり、そんな者達が侵略者である外道達と繰り広げる激しい戦いの数々である。絆が切り開く道、その軌跡に惹かれた読者様にはお勧めできるこの物語。一先ず城を奪い返し、王への一歩を歩き出した彼等。その前に立つ、新たな魔王とは。 次巻も早く読みたいものである。2017/12/03

尚侍

1
前半部分は作品に雰囲気があって面白かったのですが、後半に入ってからはやや筆が走り気味で、前半の落ち着いた雰囲気が薄れてしまったのが残念でした。この内容であればもう少しキャラの言動に重みがある方が個人的にはいいと思うので、そういう面でも前半部分は面白かったのですが、後半は軽さが先に立った印象だったので、作風として日常系の軽い作品の方が面白い作者なのかもしれませんね。2017/12/04

リク

1
最強魔王の忘れ形見である最弱魔王が、全ての魔王を統べる大魔王を目指す。ファムたちの強い絆を感じることができて良かった。力こそが全ての魔界で、力で支配する以外の繋がりで信じ合える"家族"は温かい。サガを含めてみんな過保護でまだまだ守られてばかりだけど、これからはその信念で大切な人を守るための力を手にする事が出来るのか。2017/12/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12406988

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。