ファミ通文庫<br> 女神の勇者を倒すゲスな方法〈3〉「ボク、悪い邪神じゃないよ」

個数:
電子版価格 ¥693
  • 電書あり

ファミ通文庫
女神の勇者を倒すゲスな方法〈3〉「ボク、悪い邪神じゃないよ」

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月27日 06時57分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 288p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784047347816
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

ゲス参謀VS女神の勇者軍団10,000人!!! 最終決戦、開幕!?「女神教の大神殿に攻撃を仕掛ける」真一は宣言した。最強の魔法使い"聖女"まで魔王城の住人となり、人間側の理解者も得られた。今が攻め時と、セレスと共に聖都に乗りこんだ真一は四大枢機卿の一角、聖母卿に狙いを定め攻略を開始する。だが、魔王たちが平和に暮らせる世界まであと少しに迫ったその時、女神の祝福を得たあの男が一万の勇者の大群を率いて復活しようとしていた――。ゲス参謀VS女神教、最終決戦!? 大人気の異世界勇者攻略譚、第3弾!

笹木 さくま[ササキ サクマ]
著・文・その他

遠坂 あさぎ[トオサカ アサギ]
イラスト

内容説明

「女神教の大神殿に攻撃を仕掛ける」真一は宣言した。最強の魔法使い“聖女”まで魔王城の住人となり、人間側の理解者も得られた。今が攻め時と、セレスと共に聖都に乗りこんだ真一は四大枢機卿の一角、聖母卿に狙いを定め攻略を開始する。だが、魔王たちが平和に暮らせる世界まであと少しに迫ったその時、女神の祝福を得たあの男が一万の勇者の大群を率いて復活しようとしていた―。ゲス参謀vs女神教、最終決戦!?大人気の異世界勇者攻略譚、第三弾!

著者等紹介

笹木さくま[ササキサクマ]
北海道出身。第18回えんため大賞特別賞受賞。デビューはPN「夏希のたね」でスーパーダッシュ文庫より『戴天高校勝利部』(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まりも

18
没落したはずのあの男が、勇者の力を得て再び魔族討伐のためにシンイチたちの前に姿を現わすシリーズ第三弾。女神教のトップはもうどうしようもないくらいに腐ってたよ… そんな腐った女神教のトップをゲスな作戦で懐柔しちゃうシンイチのブレなさを楽しみつつ、セレスさんのデレも堪能出来る。これぞ隙の無い2段構え。アリアンもリノちゃんも可愛いけど、ポンコツクールなセレスさんがデレた時の破壊力ったらないな。メインヒロインの風格。百合、貴腐人と来たのだから今度はどんな性癖で攻めてくるのか。新展開となる今後はそこも注目しとこ笑2018/04/17

わたー

13
★★★★★女神教のトップは色々な意味で腐った方々でした。前巻で聖女を抱き込んだのも束の間、一気呵成に敵の本拠地である聖都で暗躍を始めるシンイチ。セレスさんの可愛い面を引き出しつつも、ゲスい策を労していく姿は安定感さえあってよかった。中盤からまとめにはいり、「俺たちの戦いはこれからだ」エンドになっていたので、すわ打ちきりかと戦々恐々としていたのだが、あとがきを読む限り無事に続きがでるようで一安心。次回も楽しみだ。2017/10/18

真白優樹

7
聖都にセレスと乗り込み枢機卿を篭絡すべく策を動かす中、没落したあの男が再び姿を現す今巻。―――絶対的不利な状況から叩きつけろ、逆転の策。セレスと仲を深めつつ聖都で暗躍する今巻。そんな今巻は意外な策で枢機卿を抱き込む中、圧倒的な数の暴力へ武闘の演武が如き戦いと希望による心の懐柔で立ち向かう胸に爽快感と興奮がスッと入り込む巻であり、世界の成り立ちが少しだけ明かされ世界が広がる予兆を感じる巻である。勇者のシステムを壊す為、魔王城を飛び出し始まる旅。見た事無い場所で始まる新たな風とは。 次巻も須らく期待である。2017/10/01

niz001

7
セレス巻なのか?もう雰囲気がまとめっぽかったんでドキドキしてたけど続くようで良かった。2017/09/30

あかね

4
セレスさんがただただ可愛いかったです。 ひとまず、魔族と人類との戦いは一時休戦となり一段落しましたね。終わり方が俺たちの戦いはここからだエンドだったので打ち切り!?と焦りましたがちゃんと続刊が出るみたいなので安心しました。女神の正体とはいったいなんなのか、ヒロイン達との関係はどうなっていくのかこの先もとても楽しみです2017/10/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12248900

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。