ファミ通文庫<br> 我が偽りの名の下に集え、星々

個数:
電子版価格
¥682
  • 電書あり

ファミ通文庫
我が偽りの名の下に集え、星々

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 320p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784047346390
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

最も皇帝に近いのは――偽物の皇子ミロ。現皇帝グレゴールの政策により、100人を超える皇位継承者たちによって大小さまざまな争いが絶えない世界。そんな混乱のなか、高い皇位継承権をもった皇子ミロを名乗る少年があらわれた。貴族と裕福な少年少女が集められる帝国学園に入学した少年は、ガラの悪いスペシャリスト達を従え、その剛胆な策略で学園の問題を次々と解決してゆく。だがその皇子ミロは偽物で――!? 偽物が全ての本物を陵駕する、成り上がりファンタジー第一弾!

庄司 卓[ショウジ タカシ]
著・文・その他

sime[シメ]
イラスト

内容説明

百名近い皇子達が覇権を賭けて争う時代に、突如現れた皇子ミロ。行方不明だったはずの彼は妹と婚約者を伴い、貴族と資産家の子息のために創設された帝国学園に入学する。そこは権力と貧富の格差渦巻く帝国の縮図と化していたが、その様々な問題を、剛胆な策略と得体の知れないスペシャリスト達と共に解決してゆくミロ。しかしカリスマも才気も備えたその皇子ミロは、実は偽者だった―!!友の意志を継ぎ皇子となった少年の入れ替わり英雄譚、開幕!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

真白優樹

12
無数に集う皇位継承者達により争いが絶えない世界で、皇子を継いだ少年が世界を壊す為戦いを始める物語。―――偽りの星の元へ綺羅星達が集う時、破壊の扉は開く。宇宙という壮大な舞台での内乱による戦国状態、広がる軋轢、そしてそれぞれ思惑を持って暗躍する者達。そんな混沌に満ちた舞台に独特の人望を持った少年が躍り出るこの物語、壮大な舞台と物語に心が踊る物語であり、この世界の広がりと更なる戦いを否が応でも期待させてくれる物語なのである。始まったばかりの反逆にして破壊譚は、どんな結末へと向かうのか。 次巻も楽しみである。2017/06/01

HANA

5
皇位継承権をもった皇子が帝国学園に入学し学園内の問題を解決していく話。とにかく登場人物が多くて把握が大変。あと関係性がつかみづらかった。これからの展開楽しみ。2017/07/19

リク@ぼっち党員

5
正直言ってよくわからなかった。勢力と人物が溢れかえってて、ちょくちょく『?』となった。もっと小出しにするか、せめて主人公とヒロインの掘り下げがあるとよかったと思う。とはいえまだプロローグといった段階なので、ミロとスカーレット、ルーシアの思惑などが明かされていけば面白くなりそうな気配はする。2017/05/31

ホシナーたかはし

4
タイトルに惹かれて購入、大失敗。登場人物欄に家系図のっけてもらわないと、わからない個人名が多数。ミロが総合的に言葉が足りない。ルーキーラギングでのスカーレットの晴れ姿?に一言「きれいだ」等言うべきだったと思う。ポテト派とローカスト派それぞれの練習艦の会話がコピペぽいし読むのが面倒くさくなる。次は無い2017/06/13

ふる

4
百名近い皇子達が覇権を賭けて争う時代に皇子ミロの意志を継いだアルヴィンの物語。 帝国の縮図と化している貴族と資産家の子息のための帝国学園に入学しそこでの話がメインの1巻。 まだプロローグといった雰囲気でミロや仲間達の実力、魅力等が良く描かれていました。 世界観や勢力の把握やそれぞれの人物の背景でとにかく登場人物が多く読み進めるのが大変でしたが、それに見合った読み応えのある一冊だったと感じます。 割とヘヴィな路線でいくそうなのでメイン3人の関係等も含め、今後も楽しみにしたいです。2017/06/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11774872
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。