ファミ通文庫<br> 千年戦争アイギス―白の帝国編〈2〉

個数:
  • ポイントキャンペーン

ファミ通文庫
千年戦争アイギス―白の帝国編〈2〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年11月29日 23時34分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 256p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784047345393
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

魔神降臨! 『白の帝国』を描く公式小説、第2弾!魔神降臨!
宰相の謀略か、強靭な古代炎竜と対峙するもアダマスの神器の力もあって勝利した皇帝。しかし、帝都に戻った彼に休む間もなく新たな試練がふりかかる。魔神が帝国領内に出現するとの予測が立ったという! 急造の部隊に魔術師が必要になった皇帝は、才能ある者を求めて士官学校を訪れるのだが――。『千年戦争アイギス』におけるライバル《白の帝国》を描く公式小説、第2弾! 帝国風霊使いハルカのシリアルコード付きで登場!!

むらさき ゆきや[ムラサキ ユキヤ]

七原冬雪[ナナハラフユキ]

内容説明

宰相の謀略か、強靱な古代炎竜と対峙するもアダマスの神器の力もあって勝利した皇帝。しかし、帝都に戻った彼に休む間もなく新たな試練がふりかかる。魔神が帝国領内に出現するとの予測が立ったという!急造の部隊に魔術師が必要になった皇帝は、才能ある者を求めて士官学校を訪れるのだが―。『千年戦争アイギス』におけるライバル“白の帝国”を描く公式小説、第2弾!帝国風霊使いハルカのシリアルコード付きで登場!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

真白優樹

5
魔神が出現するという予測が立つ中、才ある魔術師を求めて士官学校を訪ねる今巻。―――聳え立つ光の柱に待つは、因縁の魔神。一気に物語が膨らみ宿敵となりえる魔神、その先兵が姿を現す今巻は、メンバーが二手に分かれる形で分断され、熱い漢達や新たな仲間を加え戦いに向かう巻となっている。光の柱に待つは因縁の敵、その眷属から告げられた言葉。急造のこの部隊は果たして魔神に打ち勝つ事が出来るのか。そして皇帝は今度こそ誰かを守る事は出来るのか。迫る戦い、その戦いはきっと死線を潜る戦い。その先に待つものは。 次巻も楽しみである。2017/04/06

RINGOoisiiiiiii

4
古代火竜を討伐し、帝都に戻った皇帝。しかし、今度は魔神が帝国に出現すると言われる。魔神討伐のために人材集めで士官学校に行くことになり…。白の帝国第二弾。リィーリちゃん衝撃の真実だった…。それでも大事な妹で、守り育ててきた皇帝格好いい。飛空艇防衛戦でドワイトさんやハルカちゃんが活躍してるなかリタちゃんの扱いが散々なので育成します!2019/08/10

416

2
白の帝国編第二巻、対魔神に向けての戦力増強に皇帝が動くといった内容だったわけですが、安定して面白かったと思います。表紙にあるようにハルカをキーパーソンとして、ドワイトさんの活躍やアンジェリーネの考えや思いがプラスされていたといったところでしょうか。辛くも魔神の眷属を退けたわけですが、因縁ある魔神本体との戦闘はどうなるのか、半魔神ともいえる妹および神器の生末がどうなるのかに期待ですね。2017/04/15

minion

1
まさかのドワイトさん大活躍! アンジェリーネさんもお嬢様カワイイ!2017/04/07

takave

0
これゲームでは寝室あるんでしょ? NTR感パないですね・・・。2017/04/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11549254

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。