ファミ通文庫<br> 賢者の孫〈2〉破天荒な新英雄

個数:
電子版価格 ¥671
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ファミ通文庫
賢者の孫〈2〉破天荒な新英雄

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月15日 02時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 315p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784047307667
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

魔人の脅威増大――!! じゃあ『究極魔法研究会』で夏合宿をやろうか

魔人シュトロームを退け、アールスハイド王から勲章を賜ったシン。国中が新英雄の誕生に沸く中、今度は隣国ブルースフィア帝国が戦争を仕掛けてきた!!  しかも両国が交戦状態の中、魔人シュトロームが多数の魔人と共に現れ帝都を襲撃!! 瞬く間に帝都は魔人達に蹂躙され全滅してしまった。シュトロームが生きている事を知った王国は、戦力増強を図るため、魔法学院と騎士学院の合同訓練を行うのだが――。新英雄シンの型破り異世界ファンタジー、第二弾!!

内容説明

魔人シュトロームを退け、アールスハイド王から勲章を賜ったシン。国中が新英雄の誕生に沸く中、今度は隣国ブルースフィア帝国が戦争を仕掛けてきた!!しかも両国が交戦状態の中、魔人シュトロームが多数の魔人と共に現れ帝都を襲撃!!瞬く間に帝都は魔人達に蹂躙され全滅してしまった。シュトロームが生きている事を知った王国は、戦力増強を図るため、魔法学院と騎士学院の合同訓練を行うのだが―。新英雄シンの型破り異世界ファンタジー、第二弾!!

著者等紹介

吉岡剛[ヨシオカツヨシ]
元々はナレーターを目指して上京し、一応プロにはなったが、趣味で小説投稿サイト『小説家になろう』に連載していた『賢者の孫』が編集者の目に留まり小説家デビューする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まりも

26
規格外な賢者の孫が大暴れするシリーズ第二弾。魔人との戦いに備えるため、騎士学院との合同訓練をする事になる話。爺ちゃんの空気化がひでぇ(笑)主人公の規格外具合は飛び抜けてるけど、周囲の面子の規格外具合もすごい事になってますね。そのせいか分からんけど、イマイチ緊迫感が伝わってこない辺りは残念。帝国滅ぼされたのに緊張感が無いと締まらないんですよね。シシリーとのラブコメ模様は楽しめたけど、それ以外の部分は正直微妙でした。次巻辺りは山場欲しいけどどうなるんやろうか。2017/07/18

まんがオヤジ

18
「はわわ、大人の情事です」(byメイちゃん)のお話し。 騎士学園と合同訓練や合宿など緊張感の無い物語は進む。(^_^;) なんせ合宿先でバカップルの誕生の物語ですから。(笑)2017/07/26

アウル

15
さらっと読了。1巻では主人公のとんでもぷりが書かれていたが2巻では主人公の仲間達が影響を受けまくって同じ扱いを受け始める話。ヒロインとのイチャコラはよかった。挿絵P229とP307はエロい。2015/10/31

こも 零細企業営業

12
もっと突き抜けて欲しい。。。2019/08/19

sion

11
シンの扱いは仕方がないとして研究会の仲間も同じような扱いになってきました。 王子様が以外に苦労してた。後は急展開すぎるお色気。英雄おじいちゃんが空気にりました。2016/03/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9867205

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。