ファミ通文庫<br> この恋と、その未来。―一年目 夏秋

個数:
電子版価格 ¥660
  • 電書あり

ファミ通文庫
この恋と、その未来。―一年目 夏秋

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月01日 22時09分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 314p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784047300538
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

夏休みを迎えた四郎と未来は、和田、三好の四人で泊まりがけの旅行へ向かう。島での解放感の中、未来に三好との仲を煽られ何とも言えない微妙な気分に陥る四郎。未来に対しての決して明かすことのできない好意を秘めたまま二学期に突入した彼は、三好とともに文化祭委員を引き受けることに。穏やかな彼女に心地良さを感じながらも未来への恋心を払拭できない四郎だが、クラスが団結し賑わう文化祭に、未来の心を奪う人物が現れて…。話題作、第二幕。

著者等紹介

森橋ビンゴ[モリハシビンゴ]
2002年にファミ通文庫でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ひめありす@灯れ松明の火

109
身体が恋をする。だけど、心だってずっともっと恋をしている。せめて、誰の物にもならないで欲しい。そう思ってしまうのは、我儘だろうか。頭では、彼の事を理解したいと願うはずなのに。隣に寄り添う体温が、繋いだ手のぬくもりが、もっと切実に欲しくなる季節がくる。冬。別れを意識しつつ、やってくる。三好ちゃんと四郎の関係。三好ちゃんへの完全な依存と甘えで成立しただろう歪な恋。未来と要さんの感情としては純粋な、だけどやっぱり歪な関係。これは恋なのだろうか。二つの恋を車輪にして、この物語は破滅と不幸へと続いてしまうのだろうか2015/12/15

かめ吉

89
四郎を応援したい気持ちもあるけど、未来のことを考えると果たしてそれでいいのかとなってしまう。四郎と三好が付き合ったけど、それでも未来のことをを忘れられなかったら三好が可哀想… 物語が進むにつれて恋愛や友情に変化が生まれて、それがとても切なくなってしまう。読んでいて悲しくなったりするけど先が気になってしまう。この作者さんはすごいと思った。2015/09/01

よっち

84
夏休みに入って、四郎と未来は和田と三好を交えた4人で泊まりがけの旅行へ。そして文化祭実行委員として四郎が三好とともに取り組んだ第二幕。GIDのことを本で読んでみたり、三好との仲を取り持とうとする未来、未来が他の人と付き合うのを考えると複雑な気分になるのを自覚する四郎ですが、その思いに明るい未来はなかなか想像しづらい状況ですね。未来の運命的な出会いを目の当たりにして、四郎も新たな一歩を踏み出すことになりましたが、不安を潜在的に抱えたままの関係になりそうで、これから大丈夫かなあと続きが気になる終わり方でした。2014/11/27

イーダ

75
いきなり表紙の未来が女の子でかわいすぎる。びっくりしました。三好さんはいい子だなあ。そしてかわいそうな和田さん…でも、かえって彼女には良かったのかも。それぞれの心情が伝わって、切ないけど「少年、頑張れ!」と応援したくなっちゃいますね。この後、一筋縄では行かない事必至ですけど、それもまた楽しみです。2014/12/03

真の西郷ではないと薩長のパーティーを追い出されたので、薩摩で西南戦争を引き起こすことにしました

73
1巻を読んだときも思いましたが、四郎の気持ちを考えると読み進めるほどに切なくなってきますね。もしかすると、未来は四郎の気持ちに薄々感づいているのかもしれないと思えてきます。であるからこそ、四郎と三好さんをしきりとくっつけたがろうとしているように思えるのは考えすぎでしょうか。“誰の物にもならないで欲しい”という四郎の想いからはどんどんかけ離れていく状況がもどかしくいです。登場人物みんなに幸せになって欲しいと思えてきます。2014/12/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8753583

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。