ファミ通文庫<br> B.A.D.〈13〉そして、繭墨は明日もチョコレートを食べる

電子版価格 ¥682
  • 電書あり

ファミ通文庫
B.A.D.〈13〉そして、繭墨は明日もチョコレートを食べる

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 346p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784047296671
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

「諦められませんよ、繭さんを」繭墨あざかは異界に沈んだだけだ。だが、早く迎えに行かなければ、彼女は本当に死んでしまうだろう。再び異界にゆく手段を探す僕の前に、繭墨分家の長定下が現れた。あざかを紅い女に捧げたままにしたい彼に“あさとと共に繭墨家の新たな呪いを解く”ことを協力の代償として求められる。そして、再び訪れた繭墨本家で僕は決定的な間違いを犯してしまい―。残酷で切なく、醜悪に美しいミステリアス・ファンタジー完結。

著者等紹介

綾里けいし[アヤサトケイシ]
『B.A.D.』1巻で第11回「えんため大賞」優秀賞に輝き、デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

坂城 弥生

40
大団円というところか。あざかが一人で生きていけるのかは不安な所だけど小田桐は性質がオカンだから結局世話を焼きそうなんだよな~でも水無瀬の家にいったらさすがに無理か、あと番外編1冊。当初の目標は達成できそう。2021/01/04

ソラ

40
ついに完結。シリーズを通して陰惨であったり凄絶って印象が強い作品ではあったけれども、最後は何とも綺麗な出会いと別れを描いた作品だったなぁという印象に変わったかな。イラストがとても好きだった作品でもある。後日談を描いた短編集とか読みたいな2014/06/29

(●▲●)とらうまん(*^◯^*)

28
【★★★★☆】もはや狂ってるレベルに偽善者な小田桐くんの、最後の悪あがきの行く末は――。 やはり異界やあさと絡みになると、描写ばかりやたら濃く展開がなかなか前に進まないので序盤はとても冗長に感じましたが、日常(?)パートを経てからは水を得たようにすいすいと読めましたw 結末はある程度の予感はしてたとはいえ、やはり非常に切なくもっと違った未来を想像せずにはいられなかった。 まだ最後にチョコレートデイズが待ってますが、残酷で醜悪に美しいダークファンタジー、繭墨あざかと小田桐勤の物語はこれにて完結。2014/06/29

Yobata

26
紅い女と対決し、異界に一人残り現世から消え去った繭墨あざか。この完璧すぎる結末に納得のいかない小田桐はあさとを説得し,白雪をはじめとした皆に思いを残し、再び繭墨に会いに異界へ赴く。残酷で切なく,醜悪に美しいミステリアス・ファンタジー最終巻!異界の主の紅い女の慰め者として,死ぬ運命を受け入れた繭墨に文句を言う為に異界に乗り込む覚悟をした小田桐君メイン。人の死を嗤い,不幸を悦び,惨劇を望んだ外道のような少女だったが、決して畜生ではなかった。自分達を引き合わせ否応無く巻き込んだ“運命”だった少女。その繭墨に→2014/05/29

T.Y.

22
これにて完結。あさとの手を借り、繭墨を助けに再び異界に下りる小田桐。小田桐勤の人生を総括しつつ、白雪を初めとする人間関係はもちろん、あさとの連れていた白い子供とか前巻の降霊会少女とか以前の話も回収する作りが流石。綺麗な幕引きに感動、何より雨香がいい子で。小田桐はやはりまず父親で、そんな彼があんないい娘を育てたのだな…と思いもひとしお。歪ながら離れられない関係にも変化は訪れ、遠ざかる日も来る。けれど親は、離れ離れになっても、そのことまでは受け入れても、ずっと子のことを気にかけ続けている――。2014/06/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8074879

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。