ビームコミックス<br> あれよ星屑 〈1〉

電子版価格 ¥704
  • 電書あり

ビームコミックス
あれよ星屑 〈1〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 182p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784047295919
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0979

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

こばまり

50
男も女も鼻っ柱が強くてセクシーで腰骨が太くて好感が持てる。そこに救いを見出せるから読み進めることができる。帰ってこれたのだからどうか生き抜いてと登場人物たちに切に願う。8月15日、今日は終戦の日。2016/08/15

こら

29
終戦直後の東京。偶然再会した軍隊時代の上官と部下が主人公。だが、周囲の人たちのハッとするような台詞もズシリと響き…そう、これは主人公二人を軸としながらも、パンパン、ヤクザ、闇屋、女衒など様々な市井の人々が織りなす戦後史なのだ。その人達が泥臭さや猥雑さという中でそれぞれ生きる息吹が輝かしい。2020/12/30

こも 零細企業営業

26
敗戦直後の東京の話。色々と苦労してたんだな。男女関係なく。それしか言えない。「酔って狂うか。覚めて狂うか。どっちがシアワセでしょうな。」か、、、2020/04/24

Maki

21
戦後の東京、死に損ないの二人の再会、死ぬも地獄、生きるも地獄、女は生きる為にカラダを差し出し、男もまた生きる為に女のカラダを貪る。2021/08/28

そのじつ

20
敗戦後の日本。復員兵の角松はかつての上官と東京の闇市で偶然再会する。食べ物の話で始まり、ほのぼのとしていたらカウンターパンチ。進駐軍相手に集められた日本人慰安婦たちのエピソード登場。キツイ。それを語るのは今は独立して街角で稼ぐパンパン達のグループ。四人でひとりの男を共有し、連帯感を高める女達。男の方はその感覚が分からずヘマをして追い出されてしまう。おもしろい!男の方は女を所有しているつもりでいたが、体を張って稼いでいる彼女たちにしてみれば、食わせてやってるヒモの主人は当然自分たち。2014/05/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8004521

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。