ログインテーブルトークRPGシリーズ<br> クトゥルフ神話TRPG

個数:

ログインテーブルトークRPGシリーズ
クトゥルフ神話TRPG

  • ウェブストアに43冊在庫がございます。(2022年01月25日 12時03分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 367p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784047294646
  • NDC分類 798
  • Cコード C0076

内容説明

能力値ロール、技能ロール、戦闘ルールといった、RPGに必要なシステムや、クトゥルフ神話の資料、シナリオなどプレイに必要なものはすべて、この1冊に含まれている。システムは“ベーシック・ロールプレイング”をベースに、正気度、クトゥルフ神話技能、銃器戦闘などを追加し、ホラーTRPGを楽しむために発展させたものを採用。これまでにない緊張と破滅を体験することができる。クトゥルフ神話に登場する数多くのクリーチャー、神格、魔道書、アーティファクトなどを豊富にカバー。クトゥルフ神話事典としても見逃せない。すぐにプレイ可能な、4本のシナリオを収録。また、20世紀に実際に起こったさまざまなクトゥルフ神話的な事件を紹介。シナリオのアイディアに活用できる。

目次

クトゥルーの呼び声
ゲーム・システム・セクション
参考セクション
シナリオセクション
ユーティリティーセクション

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

兵士O

10
実は、この本読んではいないのですが、TRPGのコンベンションに参加して、プレイヤーとして参加したので、こういうゲームなんだな、とイメージが湧きました。3人の仲間【自衛官、女装メイド、チンピラ】と共に、僕はローカル局の女芸能レポーターで参加しました。舞台は犬神に呪われている廃屋で、最初は余裕こいていたレポーターも、おぞましい異界の眷属を相手にだんまり気味。最後は見てはならぬ異界の深淵に触れて、SAN値(狂気に近づく度合の値)がじわりじわりと減少して、終わりました。ホラーは苦手なんですよ(汗)でも、おもろい!2019/01/09

kenitirokikuti

10
読んではいないが、いまのルールブックはどんなもんかなと眺めてみた。「コール・オブ・クトゥルフ」第6版(2004)の全訳。80年代のわたしは6〜16才で、コンピュータゲーム雑誌(コンプティークなど)やオタク仲間経由でクトゥルフ神話を知ったはず。青心社文庫の暗黒神話体系クトゥルーが主だった。わたしはミステリ読みだったので、現代ものよりも20世紀初頭ものとして受け取っていた。世紀末世代なので、世紀末イメージなくオカルトを展開するのがむつかしい…。2018/12/24

葛野桂馬@時津風@ハスター

8
普通の小説とかと同じような読了ではないけれど一応。よし、これでシナリオが組める。2015/10/28

†漆黒ノ堕天使むきめい†

6
一応すべてのページを読んでおきましたが、一回では覚えるべき所が覚えられた自信が無いですね。セッションをして覚えていきたいです。2015/12/02

アヤハタ

6
再読。というか一冊目を家族に譲ったので自分用を再購入。セッションするしないというより普通に読み物として面白い。2015/08/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7922378

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。