ファミ通文庫<br> “空蝉”―ヒカルが地球にいたころ〈7〉

個数:
電子版価格 ¥660
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ファミ通文庫
“空蝉”―ヒカルが地球にいたころ〈7〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年11月27日 23時37分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 316p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784047288560
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

ヒカルの“最愛”。その人の想いを尋ねようと訪れた教会で、是光とヒカルは清楚な女性に出会う。空という名の彼女は“天使の子”を身ごもっているという…。「どうしよう。きっと僕の子だ」「って、何だとぉ―っ!?」空と子供を守ろうと奔走する是光だったが、学園に誤報が飛び交い、あらぬ疑いをかけられて…!?ヒカルの子供の存在に動揺する葵、蠢動する一朱。様様な想いが交錯する中で、隠された真実が明らかになる―。大人気学園ロマンス、第7巻。

著者等紹介

野村美月[ノムラミズキ]
福島出身。『赤城山卓球場に歌声は響く』で第3回えんため大賞小説部門最優秀賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

コリ

106
今回は「母」というキーワードを軸に話が進んでた印象。予期せぬ母との再会に心を乱され、苦悩する是光の姿が痛々しくて切なかった。そして傷つきながらも気持ちを整理し、言葉は交わさなかったが自分の想いを笑顔で母に伝えたシーンに感動した。是光にはもっと笑って欲しいと、心から思う。次回は花散里という事でみちる回の模様。初めてヒカルではなく是光自身の物語になるのかな?過去最大の修羅場になりそうだ…。デレた朝ちゃんが予想以上に可愛くて困った(笑)だけど個人的に一番頑張って欲しいヒロインが帆夏なのは変わらずかな。2013/04/28

ひめありす@灯れ松明の火

101
明け方に君の姿を見た。紅く染まった木々の間で振り向いた君を。あれは幻の箒木だったのだろうか。蝉は、秋までは生きられないはずなのに。何も望んではいけない空っぽの私。琥珀の様に透明に艶めいた空蝉。羽化したばかりの蝉の羽の翡翠の様な淡い緑。夏休みを無邪気に喜んだ幼い子どもだった頃みたいに、わくわくとドキドキで出来あがったとびっきり上等な宝石と教えてくれたのは、天使じゃなくて約束の男の子。こびり付いた悠久の時、怖れに縮こまる手足を少しずつほぐしたら。私はもう空っぽじゃない。私の中にはありったけの未来が詰まっている2014/08/15

くろり - しろくろりちよ

82
教会のバザーで再会したヒカルの“心残り"は、体内に新たな命を宿し愛情をもって育んでいる女性、空。義理の母と同じく手を伸ばすほど逃げていってしまう彼女が抱えていた秘密は……。いずれは出て来るのではないかと予測していた、ヒカルの子どもを宿す女性。周囲の反応は様々で…その中でも命を祝福した月夜子先輩、守ろうとした朝衣、必死に父親の代わりになろうとした是光の愛情深さに見惚れてしまう。空のその弱さは多くの共感を呼ぶものだろう。ヒカルの周りは優しさで溢れている。次は委員長巻、期待。2014/01/20

Yobata

78
ヒカルが生前に最愛した相手はヒカルの父の後妻,藤乃であった。さらに藤乃は現在身籠っており、朝衣はその子供の父親はヒカルだと考えていた。ヒカル自身はそれを否定したが、是光は確認するため本人に直接聞くことに。藤乃が通う教会へ行くともう1人の妊婦と遭遇し、彼女の子は僕の子だとヒカルは突然言い出す。しかし彼女・蟬ヶ谷空は父親と認めない。そんな彼女の下に通う中、彼女の子供に対する母の愛を見るうちに、自身の母のトラウマが浮かぶ是光は…。今回のヒロインは『空蟬』。朝顔と同様に源氏を拒んだ女性で、理由は源氏との身分差や→2013/12/07

た〜

62
修羅場時々謎、所によって一時ハーレム。 伏線整理が散見。本命攻略間近?2013/05/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6642565

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。