動物たちの3・11―被災地動物支援ドキュメンタリー

個数:

動物たちの3・11―被災地動物支援ドキュメンタリー

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお受けできません)
  • 【出荷予定日とご注意事項】
    ※上記を必ずご確認ください


    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 227p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784047279483
  • NDC分類 369.31

内容説明

5時間を要して帰り着いた石巻市の家では、2頭の犬と1匹の猫が冷たい水底で死んでいました。多賀城に展示してきたイラストを描いた仲間も津波にさらわれていました。水や電気も止まり、敷地内の猫のプレハブや診療所も傾き、家の中まで泥が入り込んでフードやトイレ砂が流失した場所で、67匹を守る生活が始まりました。被災地動物支援ドキュメンタリー。

目次

1 その日…
2 さあ、動かねば
3 扉を開けてくれた人たち
4 待ったなしの現実
5 被災をくぐり抜けた命と抜け出せなかった命
6 紙一重の命
7 なぜ動物なの?
8 助け舟と道標
9 福島の動物たち
10 悲喜こもごも

著者紹介

阿部智子[アベトモコ]
1959年、宮城県石巻市生まれ。東北福祉大学社会福祉学部福祉心理学科卒業。高校時代より、動物の現状を知らせる投稿や、救援のためのバザーを始める。現在も、捨てられた犬や猫の里親探しや救援活動と、パネル展・講演などの啓蒙活動を積極的に行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)