ファミ通文庫<br> シュヴァルツェスマーケン〈1〉神亡き屍戚の大地に

電子版価格 ¥770
  • 電書あり

ファミ通文庫
シュヴァルツェスマーケン〈1〉神亡き屍戚の大地に

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 414p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784047273061
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

一九八三年。異星起源種BETAの侵略を受ける東ドイツは血みどろの消耗戦を続けていた。テオドールは、最強と謳われる戦術機中隊「黒の宣告」の一員でありながら国も人も信じず、己が生き残るためだけに戦う衛士であった。そんな彼が、戦場で孤立した西ドイツ軍衛士の少女を助ける―。大人気PCゲーム『マブラヴオルタネイティヴ』の物語より遡ること一八年前―欧州の苛烈な戦争に身を置く若き衛士たちの、生死を賭けた戦いがいま語られる。

著者等紹介

吉宗鋼紀[ヨシムネコウキ]
PCゲームブランド・アージュの代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

highig

20
東ドイツの絶対防衛線を舞台に、圧倒的な物量を誇るBETAと泥沼の消耗戦を繰り広げる東ドイツ最強の部隊、第666戦術機中隊〈黒の宣告-シュヴァルツェスマーケン〉の戦いを描く軍事サスペンス。・・・重い。本編であるオルタネイティブやトータル・イクリプスには絶望的な戦いの中にも、まだ救いや明るさがあったが、本作は時系列的に本編より過去の出来事となり、救い無き結果がすでに決まっている。冷戦構造下の東ドイツという重苦しい国情の中、まるでハリウッドのプロパガンダ映画そのものの国家保安省(シュタージ)やら政治将校やらが 2015/07/21

アウル

17
アニメ1話見てから積んであった本書を読了。アニメはやはり尺の都合上かなりのハイスピードで飛ばしているな、原作は細かく書かれているので読むのに時間がかかったが。BETAの侵略で相当窮地に陥っているのに、西と東に分かれたドイツがお互いにいがみ合う展開はマブラヴらしいよな。読んでるとマブラヴオルタネイティヴの横浜基地防衛戦ぐらいからやりたくなってくる。2016/01/15

ミスト

10
マブラヴの知識なくても読める。1980年台の東ドイツを舞台にBETA大戦初期を描く。Mig-21バラライカのリアクティブアーマー付きの盾がたまらない。2014/03/18

ラル

9
圧倒的な数の敵(BETA)、航空戦力使用不可、物資も不足、主導権争いに必死で現場のことなど省みない軍上層部と国家保安省、低能なお目付役の政治将校、優秀だが信用できない上官、同輩、どこに紛れているかわからない密告者、etc。そんなどん底の対BETA最前線、東ドイツに希望をまだ見失っていない西から来た衛士の少女が何の因果か東ドイツ最強の部隊に救助される。そんな彼女が周りに影響を与え…るどころか現実を知っていくお話です。与えもするけどね。燃えと絶望のハイブリッド、これらの点に関してこれ以上の作品を俺は知らない2015/04/27

遊辺

7
我が青春のマブラヴシリーズ、の外伝。架空戦記作家の内田さんが制作することによって、マブラヴ世界が持つSF成分の土台に、東西冷戦下のドイツという(フィクションではあるが)歴史成分が掛け合わされて最強に見える。特に冒頭の【史実】パートで、複数の視点から作中世界が簡潔に語られていく様が、いかにも歴史番組の導入のようでお気に入り。古くからのファンも納得の、素晴らしいスピンオフとなった。第一巻では主人公テオドールとカティアの出会い、そして決意までが描かれる。今後、どれほどの困難が二人を待ち受けているのか――。2017/03/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/3201260

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。