角川選書<br> 足利直義―兄尊氏との対立と理想国家構想

個数:
電子版価格 ¥1,468
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

角川選書
足利直義―兄尊氏との対立と理想国家構想

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月09日 03時51分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 229p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784047035546
  • NDC分類 289.1

内容説明

室町幕府初代将軍足利尊氏の同母弟、足利直義。尊氏が恩賞給付権を握り、直義が内政権を握る「二頭政治」により幕府の基礎を築いた。しかし、法秩序を重んじる直義は、武家の急進派勢力との抗争により失脚、最期は兄に毒殺されたとも伝えられる。『太平記』の記述によりゆがめられてきた直義像を再検証。『夢中問答』の発問者として仏教に深い造詣を示し、仏法による理想の国家を創ろうとした稀有な武将の実像を明らかにする。

目次

序章
第1章 直義登場
第2章 二頭政治の時代
第3章 観応の擾乱
第4章 鎮魂と供養
第5章 直義の精神世界
第6章 『夢中問答』
第7章 神護寺の足利直義像
終章

著者紹介

森茂暁[モリシゲアキ]
1949年、長崎県生まれ。九州大学大学院博士課程中途退学。福岡大学人文学部教授。文学博士(1985年九州大学)。専門は中世日本の政治と文化(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

南北朝の動乱期に、武力によらない仏国土の理想郷を目指した足利直義。兄尊氏とともに室町幕府の基礎を築いたにもかかわらず、最期は兄に毒殺されたとも伝えられる悲劇の人物の政治・思想・文化に迫る。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件