角川選書<br> 黒田官兵衛・長政の野望―もう一つの関ヶ原

個数:
電子版価格 ¥691
  • 電書あり

角川選書
黒田官兵衛・長政の野望―もう一つの関ヶ原

  • 出版社からお取り寄せいたします。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 218p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784047035317
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0321

内容説明

関ヶ原合戦前夜。武将たちは戦いの直前まで、どの軍に与するかを苦悩していた。黒田官兵衛の息子・長政は、いち早く東軍への参加を表明。毛利輝元・吉川広家・小早川秀秋を味方に引き入れるために奔走する。一方、父・官兵衛は、この戦いが百日続けば九州から攻め上り、天下を狙っていた。長政渾身の調略とはどのようなものだったのか?そして官兵衛の戦術とは?稀代の「軍師伝説」を検証し、黒田父子の暗闘の真実に迫る。

目次

第1章 秀吉没後の政局―黒田氏台頭の契機(黒田氏研究の問題点;黒田氏の出自 ほか)
第2章 九州の情勢変化―黒田氏と大友吉統(九州における島津氏と大友氏;大友吉統の家督相続 ほか)
第3章 関ヶ原合戦―長政の活躍と苦悩(景勝の不穏な動き;長政、家康の養女を娶る ほか)
第4章 九州における関ヶ原―官兵衛、最後の賭け(各地で起こった「関ヶ原」;九州における東西両軍の諸勢力 ほか)

著者紹介

渡邊大門[ワタナベダイモン]
1967年、神奈川県生まれ。1990年、関西学院大学卒業、2008年、佛教大学大学院博士後期課程修了、博士(文学)。歴史学者。専攻は日本中世史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

関ヶ原合戦。武将たちは、戦いの直前までどの軍に与するのかに苦悩していた。軍師伝説を検証することで明らかになってきた黒田官兵衛・長政の暗躍の事実。関ヶ原合戦に賭けたふたりの知られざる野望に迫る。