角川選書<br> 「暁」の謎を解く―平安人の時間表現

個数:
電子版価格 ¥1,468
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

角川選書
「暁」の謎を解く―平安人の時間表現

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月10日 02時37分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 214p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784047035218
  • NDC分類 910.23

内容説明

『枕草子』の次の場面から何時を想像するだろうか。「夜が明けてしまいそうですね」「今さら寝てはだめですよ」。実は午前2時30分の一場面だ。時代を隔てているとはいえ、不自然さが残る。男女の別れの時刻である「暁」や、「宵」「夜もすがら」など、おなじみの時間表現を子細に検討。作品の矛盾を解き、平安人の時間感覚に迫る。新たな古典の世界を拓く画期的考察。

目次

第1章 平安時代、日付はいつ変わったのか
第2章 「暁」―男女の思いが交錯した時間
第3章 「有明」―平安人の美意識が重なる言葉
第4章 動詞「明く」が持つ重要な意味
第5章 「夜もすがら・夜一夜」―平安人の「一晩中」とは
第6章 「今宵」―今晩も昨晩も
第7章 「夜をこめて」―いつ「鳥の空音」をはかったか?
第8章 「さ夜更けて」―午前三時に向かう動き

著者紹介

小林賢章[コバヤシタカアキ]
1949年、名古屋市生まれ。同志社女子大学表象文化学部教授。大阪大学大学院文学研究科国文学専攻修士課程修了。帝塚山短期大学、大阪府立大学を経て、1989年より同志社女子大学。主に、古代の時間表現を研究する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

平安時代、暁は逢瀬を楽しんだ男女が別れる時間だった。では暁とは何時だったのか? 当時の時間表現に関する語の意味を明らかにすることで、これまでとはまったく違った解釈で古典作品が読み解ける。画期的な新説!