角川選書<br> 陶淵明と白楽天―生きる喜びをうたい続けた詩人

個数:
電子版価格 ¥1,555
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

角川選書
陶淵明と白楽天―生きる喜びをうたい続けた詩人

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月11日 13時14分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 255p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784047035089
  • NDC分類 921.4

内容説明

陶淵明といえば、世俗を捨て悠然と暮らした隠逸詩人というイメージが強いが、果たしてそれは本当の姿なのだろうか。その詩からは、農夫として生きることを選んだ彼が、生きている今を楽しむことで、官界への未練と死への恐怖を乗り越えた様子がありありと読み取れる。後世、陶淵明を慕った白楽天との対比により、ふたりの詩人がうたい続けた喜びを追い、新たな詩人像を描き出す。

目次

第1章 陶淵明や白楽天とともに味わう生きる喜び―東洋人の幸福(幸福の中身―仕事の充実とプライベートの喜び;田園詩人陶淵明の旅立ちの歌―「五柳先生伝」)
第2章 仕事の充実―農耕の喜び(官界への思い;農夫として生きる)
第3章 日々の生活の中での喜び(愛の喜び―子供・友人・女性;衣食住の喜び―貧窮を誇り、酒を愛し、廬に憩う;読書の喜び・琴を弾く喜び;田園の風景)
第4章 二つの大問題―官界への未練と死の悲しみ(官界を断ち切って―帰りなんいざ;死の悲しみとの戦い;一生に満足、だが―「自祭文」)
第5章 後の詩人にとっての陶淵明(李白;杜甫;柳宗元;白楽天;蘇軾;浦上玉堂)

著者紹介

下定雅弘[シモサダマサヒロ]
1947年大阪市生まれ。京都大学文学部卒業、同大学院修了。鹿児島大学、帝塚山学院大学、岡山大学大学院教授を経て、現在、岡山大学特任教授北京事務所長。文学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

人生はこんなにも喜びに満ちている!

自分が快適だと思う生き方を選び、田園生活の充実と生きる喜びを追求することで死への恐怖を克服した陶淵明。後世、最も影響を受けた白楽天との対比により、ふたりの詩人がうたいつづけた喜びの意味を読み解く。