角川選書<br> 室町幕府崩壊―将軍義教の野望と挫折

個数:
電子版価格 ¥1,468
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

角川選書
室町幕府崩壊―将軍義教の野望と挫折

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月09日 11時15分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 254p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784047034969
  • NDC分類 210.46

内容説明

3代将軍足利義満の時代に全盛期を迎えた室町幕府。その50年ほどのち、重臣による将軍謀殺という前代未聞の事件が起きる―。この前期の室町幕府、4代義持、6代義教の時代に焦点を当て、室町殿と有力守護層たちとの複雑で重層的な関係から室町時代の政治史を読み直し、幕府崩壊の一大転換点となった義教謀殺=嘉吉の乱に至る道筋を実証的に跡付ける。

目次

第1章 足利義持の時代(義満後の政治環境;足利義持政権の特質;在地勢力の動向)
第2章 足利義教の嗣立(足利義教の登場;嗣立期の足利義教とその周辺;正長改元の経緯と歴史的意義;後花園天皇の擁立と後南朝の動向)
第3章 足利義教の時代(足利義教政権の特質;足利義教の文芸;有力守護家の分断制作;「恐怖の世」;対外交易と国際的環境)
第4章 嘉吉の乱への道(永享の乱;嘉吉の乱はなぜ起こったか)
終章 嘉吉の乱―その後

著者紹介

森茂暁[モリシゲアキ]
1949年生まれ。九州大学文学部卒業、同大学大学院文学研究科博士課程中途退学。福岡大学人文学部教授。文学博士(1985年 九州大学)。専門は中世日本の政治と文化(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

クジ引き将軍の恐怖政治が招いた、室町政権終焉の真実

室町幕府はなぜ崩壊したのか? 6代将軍・足利義教の時代を中心に、立場と野望を異にする有力守護層と室町殿との重層的な人間関係から、室町幕府崩壊の一大転換点となった嘉吉の乱に至る道筋を実証的に跡付ける!