角川選書<br> 花びらは散る 花は散らない―無常の日本思想

個数:
電子版価格 ¥1,382
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

角川選書
花びらは散る 花は散らない―無常の日本思想

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月07日 03時14分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 205p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784047034884
  • NDC分類 121.04

内容説明

人生は空しくてはかない。我々はこの感情を無常観と呼ぶ。だが、この無常というものを積極的に受け入れることで、現代にただよう「絶望」がもし払拭できるとしたら―。無常の思想を語学、哲学、文学、芸術、宗教から丹念にひも解き、「かなしみ」や「いたみ」を分かち合ってきた日本人独自の死生観とその背景にある精神の核心に深く迫る。日本思想史の新たな地平を切り拓く、東京大学退官記念「最終講義」全記録。

目次

1 現代日本の無常観―「空即是色」の「荘厳」(現代日本の無常観;「はかない」とはどういうことか ほか)
2 「尊い」とはどういうことか(理性について;霊妙性について(「いのち」について) ほか)
3 「花びらは散る 花は散らない」再論(宮沢賢治の「とむらい」「いたみ」の行方;「いとしくおもうもの」から「みんなの幸福」へ ほか)
4 何がどうあることが「しあわせ」なのか(「しあわせ」について;「めでたし」について ほか)
5 「おのずから」と「みずから」の「あわい」(「おのずから」と「みずから」の「あわい」という問題枠;日本思想の問題として ほか)

著者紹介

竹内整一[タケウチセイイチ]
1946年長野県生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程中退。東京大学文学部教授を経て、鎌倉女子大学教授、東京大学名誉教授。専門は倫理学・日本思想史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)