角川選書<br> 信長革命―「安土幕府」の衝撃

個数:
  • ポイントキャンペーン

角川選書
信長革命―「安土幕府」の衝撃

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月11日 15時21分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 283p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784047034846
  • NDC分類 289.1

内容説明

若き日の織田信長は伝統的な室町幕府体制に理解を示していた。その彼がなぜ天下人をめざしたのか。大量殺戮戦を可能とした火縄銃・大砲による軍事革命、キリスト教の浸透、基軸通貨だった中国銭の信用不安。戦国時代末期の島国日本を襲った未曾有の危機に、信長は卓抜した合理思想・実力主義で改革を断行していく―。日本史上類を見ない大変革を図った「安土幕府」の実態に、良質な史料と最新の発掘成果から徹底的に迫る。

目次

改革者の正体
第1部 軍事革命と海洋国家(境界から生まれた新時代;環伊勢海政権の時代)
第2部 預治思想による天下統一(東アジア世界の「安土幕府」;革命前夜)
第3部 軍事大国から官僚国家へ(政権交代;偃武の思想)
新たな時代像を求めて

著者紹介

藤田達生[フジタタツオ]
1958年、愛媛県生まれ。1987年、神戸大学大学院博士課程修了、学術博士(神戸大学)。同年、神戸大学大学院助手。現在は三重大学教育学部教授、三重大学歴史都市研究センター長。専攻は日本中世史・近世史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)