角川選書<br> 万葉集―隠された歴史のメッセージ

個数:
電子版価格 ¥1,382
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

角川選書
万葉集―隠された歴史のメッセージ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月07日 18時14分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 294p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784047034709
  • NDC分類 911.12

内容説明

現代の私たちにも深い感動を与えてやまない『万葉集』は何のために編集されたのか、どのような姿の“書物”であったのか。「かな」発明以前に、漢字を用いて“やまと歌”を書くための技術をどのように開発し、それが“やまと歌”にどのような広がりを与えたのか。万葉歌人の歌の魅力を堪能しながら『万葉集』の全体を通覧する。平安時代から鎌倉時代に作られた書の名手による『万葉集』の古写本の美しさについても伝える一冊。

目次

第1章 『万葉集』という「書物」―「やまと歌」による“歴史”の創造(「書物」としての『万葉集』;皇統の“始祖”―一番歌・雄略御製;満ち足りた実りの国―二番歌・舒明御製 ほか)
第2章 万葉歌人たちの詩の技法(額田王の“媚態(コケットリー)”
柿本人麻呂の想像力
山上憶良の悟り得ぬ心 ほか)
第3章 漢字に託す心―漢字で書かれた「やまと歌」(巻一の書記法―記憶に支えられた大胆な表記;『万葉集』の“文字法”;漢字から「かな」へ)
第4章 万葉集古写本の世界

著者紹介

小川靖彦[オガワヤスヒコ]
1961年生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得満期退学。専攻は日本上代文学(万葉集および万葉学史)、書物学(主に中国文化圏の巻子本)。国文学研究資料館、和光大学、日本女子大学を経て、青山学院大学教授。『萬葉学史の研究』(おうふう)で上代文学会賞、全国大学国語国文学会賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)