角川選書
源氏物語の真相

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 283p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784047034648
  • NDC分類 913.36
  • Cコード C0395

内容説明

光源氏と多くの女性たちの物語は、藤原氏全盛の世にあって、天皇の后を目指す姫君たちや摂関家の子息に、教訓も含め、多くのことを教えてくれる最高の教材であった―。歴史との深い関わりを踏まえ、数々の和歌から巻ごとの物語がどのように作られたのかを徹底的に追究。『源氏物語』の巻々は、源氏が活躍し得た時代の歌や行事を基に、天皇と后の理想の姿を描き、源氏や中関白家など滅びた一族の魂を鎮め、遺された人々を慰め癒そうとしたこと等々、いくつもの真相を明らかにしていく。

目次

第1部 源氏物語とは何か(物語の時代背景;源氏と藤原氏;光源氏と女君たち;理想的な暮らし)
第2部 巻名と物語の形成(巻名の成立;青年期の物語;壮年期の物語;六条院の物語)
第3部 源氏物語成立の真相(巻名から物語へ;千年前の物語の読まれ方;歴史との符号;摂関家と源氏物語)

著者等紹介

清水婦久子[シミズフクコ]
1954年生まれ。大阪女子大学大学院修士課程修了。大阪大学にて博士(文学)の学位取得。現在、帝塚山大学人文学部日本文化学科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。