角川選書<br> 京の花街ものがたり

電子版価格 ¥1,296
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

角川選書
京の花街ものがたり

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 277p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784047034488
  • NDC分類 384.9

内容説明

芸妓や舞妓をまねいて享楽する、京の花街特有の「お茶屋あそび」。近現代の京都では、お茶屋の集まる街区を「花街」と呼びならわしてきた。江戸時代からの京の花街の姿を、史実と伝承から丁寧にたどり、お茶屋を中心とした空間レンタル業の成立と機能をさぐる。京都に誕生した享楽空間の実態に迫る、刺激的な一冊。

目次

第1章 遊所の盛衰
第2章 茶屋の遊楽
第3章 席貸の系譜学
第4章 祇園町と山猫
第5章 京花街の近代
第6章 京花街の周辺文化―雇仲居と席貸(戦前編)
第7章 消えた遊所

著者紹介

加藤政洋[カトウマサヒロ]
1972年信州生まれ。大阪市立大学大学院文学研究科後期博士課程修了、博士(文学)。専攻は文化地理学。立命館大学文学部教員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)