角川選書<br> 悪党(ピカロ)が行く―ピカレスク文学を読む

個数:

角川選書
悪党(ピカロ)が行く―ピカレスク文学を読む

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 283p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784047034051
  • NDC分類 902.3
  • Cコード C0398

内容説明

傲慢で、女たらしで、人を騙すことなど何とも思わない男たち―悪党。彼らはなぜこんなにも人々を魅了し、人はそれを文学に表現するのだろうか?バルザックが『ペール・ゴリオ』『幻滅』『娼婦の栄光と悲惨』の三部作で生み出したヴォートラン、モリエールが描いたスペインの伝説的女たらしドン・ジュアンなど、数々のピカレスク文学に登場する悪のヒーローに肉迫。「悪と悪党」の魅力を解き明かす、画期的文学案内。

目次

ヴォートラン
ドン・ジュアン
ラーサロ
フランシヨン
ジル・ブラース
ヴァルモン
ラモーの甥
トム・ジョーンズ
ヴォートラン再び

著者紹介

鹿島茂[カシマシゲル]
フランス文学者、エッセイスト。1949年、横浜市生まれ。78年、東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了。共立女子大学文芸学部教授。古書のコレクターとしても知られる。著書は百冊を超え、『馬車が買いたい!』で91年度サントリー学芸賞、96年に『子供より古書が大事と思いたい』で第十二回講談社エッセイ賞、99年に『愛書狂』でゲスナー賞、『職業別パリ風俗』で第五十一回読売文学賞評論・伝記賞、『成功する読書日記』で毎日書評賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)