角川選書<br> 怪談前後―柳田民俗学と自然主義

個数:
電子版価格 ¥2,419
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

角川選書
怪談前後―柳田民俗学と自然主義

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月10日 08時20分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 493p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784047034013
  • NDC分類 380.1

内容説明

明治四十年前後の「怪談の時代」を同時代として生きながら、「それぞれの自然主義」のあり方として民俗学と私小説を立ち上げた柳田國男と田山花袋。一方「怪談の時代」に殉じるかの如く文壇から消えた佐々木喜善と水野葉舟の「文学」とは何だったのか。「自然主義」をめぐる「怪談の時代」の顛末を描き出す。

目次

『遠野物語』序文を読む―未だ民俗学ではない書物として
内面嫌い
野蛮の書式
隘勇線への視線
自然児の人生
「私怪談」と現実の更新
部屋の小説家
魔法使いの孫
偽私としての安堵
地震と新開地
手紙の啓蒙家
美知代の反撃
第六感の自然主義
「世間話」の改良

著者紹介

大塚英志[オオツカエイジ]
1958年生まれ。筑波大学人文学類卒業。日本民俗学専攻。まんが原作者、評論家、編集者、神戸芸術工科大学先端芸術学部教授。『戦後まんがの表現空間』で第十六回サントリー学芸賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)