角川選書<br> 日露国境交渉史―北方領土返還への道 (新版)

電子版価格 ¥1,641
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

角川選書
日露国境交渉史―北方領土返還への道 (新版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 356p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784047033863
  • NDC分類 319.103

内容説明

江戸時代から始まり、紆余曲折をへて未だ解決をみない日本とロシアのあいだの国境問題。1992年に刊行され、2001年に補充された、日露両外務省共同作成による「領土問題の歴史に関する資料集」を軸に、北方領土問題についてのすべてを明らかにし、提言する名著の改訂・完全新版。

目次

序章 領土紛争
第1章 国境概念への目覚め
第2章 北からの黒船―国境の画定
第3章 武力による国境変更
第4章 国交正常化へ
第5章 高齢指導者の時代
第6章 ゴルバチョフ時代
第7章 エリツィン時代
第8章 プーチン時代
終章 ゴルディアスの結び目の解き方

著者紹介

木村汎[キムラヒロシ]
1936年生まれ。京都大学法学部卒業。米国コロンビア大学Ph.D.(哲学博士)。北海道大学スラブ研究センター教授、国際日本文化研究センター教授を経て、拓殖大学海外事情研究所教授。専攻は国際政治、とくにロシアの内政と外交(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)