• ポイントキャンペーン

角川選書
小町伝説の誕生

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 279p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784047033641
  • NDC分類 911.132

内容説明

小町伝説は誰によって作られ、どのように改変され、伝えられてきたのだろうか。秋田県の雄勝町には小野小町の生涯にまつわる多くの伝説が残されている。これを詳細に検討すると、その背後には江戸期の俳人たちや明治時代の文学者など、さまざまな語り手の存在がうかがえる。変化する伝説の生態を明らかにし、日本文化の基層にするどく迫る画期的な試み。

目次

第1章 小町は秋田生まれか
第2章 菅江真澄と雄勝の小町伝説
第3章 更新され続ける小町伝説
第4章 伝説の語り手―小町・奪衣婆・巫女
第5章 小町伝説の誕生
第6章 覚厳院の成立と移動する小町像
第7章 小町、神となる
第8章 東北各地の小町伝説

著者紹介

錦仁[ニシキヒトシ]
1947年、山形県生まれ。東北大学大学院文学研究科国文学専攻博士課程中退。聖和学園短期大学助教授、秋田大学教育学部教授を経て、現在、新潟大学教授、現代社会文化研究科(博士後期課程)主担当。専攻は中古・中世文学