角川選書<br> 芭蕉の方法―連句というコミュニケーション

個数:
  • ポイントキャンペーン

角川選書
芭蕉の方法―連句というコミュニケーション

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月09日 18時56分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 238p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784047033382
  • NDC分類 911.32

内容説明

連句は、付句の作者が前句をどう解釈するかによって新たな世界を切り開いてゆく文芸である。言葉は「言いたかったこと」ではなく、「言い表されたこと」自体として積極的に読み直され、新たな世界の言葉へと変貌してゆく。芭蕉が一座をいかに捌き変化する世界を作り上げたかを解明し、発句には見られない人情豊かな芭蕉の連句の世界を提示する。

目次

第1章 言葉の出会い―読むということ
第2章 連句というコミュニケーション
第3章 付けの方法・転じの方法
第4章 芭蕉連句の世界―コミュニケーションの実際
第5章 芭蕉付句抄

著者紹介

宮脇真彦[ミヤワキマサヒコ]
1958年(昭和33年)1月15日、長野県に生まれる。信州大学人文学部人文学科卒業。成城大学大学院文学研究科国文学専攻博士後期課程満期退学。東横学園女子短期大学言語コミュニケーション学科助教授を経て立正大学文学部文学科助教授。専攻は連歌俳諧史