角川選書<br> 日本の「文学」を考える―文学史の書き換えに向けて

  • ポイントキャンペーン

角川選書
日本の「文学」を考える―文学史の書き換えに向けて

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 290p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784047032552
  • NDC分類 910.26

内容説明

「文学」「純文学」「大衆文学」「私小説」など日本文学のキイ・コンセプトを文壇・ジャーナリズムの変容とともに徹底的に検証し、歴史的変遷を洗い直す試み。国際的視野の回復、近代批判の系譜、文芸の全体の流れを追い、思想文化の総体を見直すという四つの発想の組み替えを通して、文学史を書き換える基本的な方向を提示する。

目次

1 はじめに
2 「文学」の現在
3 発明された「伝統」
4 「文学」の移入
5 「文学史」と「国語」の思想
6 「文壇」の成立
7 「私小説」と「心境小説」
8 大衆文学の誕生
9 大衆文学と大衆文化
10 交錯する概念
11 迷妄を破る
12 今日の「文学」