角川選書<br> 家康入国―なぜ江戸を選んだのか

  • ポイントキャンペーン

角川選書
家康入国―なぜ江戸を選んだのか

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 246p/高さ 19X13cm
  • 商品コード 9784047032262
  • NDC分類 210.48

内容説明

天正18年、家康の転封がきまった。肥沃な東海から戦塵収まらぬ関東への国替えで、家中に秀吉謀略説が渦まく。が、江戸入府を断行。武家社会の伝統の地鎌倉を排し、江戸を選んだ過程に家康の領国支配の本質が見える。

目次

第1章 天正10年の夏(長篠の戦いのころ;最後の甲州出馬;天正10年の夏)
第2章 関東へ移る(小牧長久手の陣;浜松から駿府へ;天正18年の春まで;小田原の家康;関東へ移る)
第3章 関ケ原の秋(小田原から江戸へ;入府のころの江戸城;朝鮮出兵と家康;関ケ原の秋)
第4章 江戸と家康(江戸を創る;慶長8年の江戸町割;大名邸地と江戸町割;『見聞集』と江戸町方;江戸から駿府へ;大坂の陣のころ;晩年の家康と江戸)