角川選書<br> 天明3年浅間大噴火―日本のポンペイ鎌原村発掘

  • ポイントキャンペーン

角川選書
天明3年浅間大噴火―日本のポンペイ鎌原村発掘

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 197p
  • 商品コード 9784047031746
  • NDC分類 453.821

内容説明

「天明の浅間山大噴火」は、天明3年4月8日に始まった。地震のような鳴動とともに、天にまでとどくかと思われるほど噴煙が高くあがり、各地に灰を降らせた。5月、6月と爆発は激しさを増し、ついに7月6、7、8日の3日間、この世のものとは思われない大爆発が起こった。噴火と同時に流れ出た溶岩流は北側の急斜面を滑り落ち、あっという間に火口から約15キロ北にあった鎌原村を埋め尽くし、吾妻川までなだれ落ちていった。浅間山大噴火で埋もれた鎌原村の発掘と調査で200年前が甦る!

目次

第1章 近世の埋没集落
第2章 天明3年の大噴火
第3章 浅間大噴火の被害(浅間南麓の被害状況;浅間北麓の被害状況;杉田玄白の見聞)
第4章 浅間大噴火の影響(天明騒動;天明の飢饉)
第5章 浅間山麓鎌原村
第6章 鎌原村の発掘