シリーズ立ち行かないわたしたち<br> 夫がわたしを忘れる日まで

個数:
電子版価格
¥1,265
  • 電書あり

シリーズ立ち行かないわたしたち
夫がわたしを忘れる日まで

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月19日 14時20分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 168p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784046829535
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0095

出版社内容情報

【あらすじ】
「ある日突然、45歳の夫が若年性認知症と診断された」
佐藤彩は、夫・翔太の物忘れが増えたことを最初は気に留めていなかったが、決定的な出来事が起き、病院へ連れていくことに。
そこで医師から言い渡されたのは「若年性認知症」という残酷な宣告だった。いずれ時間や場所の感覚がなくなり、家族の顔でさえわからなくなる病。
なんとか前を向こうとする彩だったが、病状が徐々に悪化するにつれて夫は知らない一面を見せるようになっていき―――。
若年性認知症と向き合う家族の3年間を描いた闘病セミフィクション。

【解説】
古和久朋(認知症専門医) 「認知症の共生社会を目指して」

【「シリーズ 立ち行かないわたしたち」について】
「シリーズ 立ち行かないわたしたち」は、KADOKAWAコミックエッセイ編集部による、コミックエッセイとセミフィクションのシリーズです。本シリーズでは、思いもよらない出来事を経験したり、困難に直面したりと、ままならない日々を生きる人物の姿を、他人事ではなく「わたしたちの物語」として想像できるような作品を刊行します。見知らぬ誰かの日常であると同時に、いつか自分にも起こるかもしれない日常の物語を、ぜひお楽しみください。

内容説明

「ある日突然、45歳の夫が若年性認知症と診断された」佐藤彩は、夫・翔太の物忘れが増えたことを最初は気に留めていなかったが、ある決定的な出来事が起きたため、病院へ連れていくことに。そこで医師から言い渡されたのは「若年性認知症」という残酷な宣告だった。いずれ時間や場所の感覚がなくなり、家族の顔でさえわからなくなる可能性のある病。なんとか前を向こうとする彩だったが、病状が徐々に悪化するにつれて夫はだんだん知らない一面を見せるようになっていき―。もし大切な人が別人になってしまったら、それでもあなたはその人を愛せますか?若年性認知症と向き合う家族の3年間を描いた闘病セミフィクション。

目次

第1章 夫が若年性認知症になりました(コーヒー;違和感;陽翔との予定;気にしすぎ;決定的な出来事;診断;若年性認知症;帰り道)
第2章 夫がわたしを忘れるのはいつだろう(話したいこと;翔太の苦悩;いつもと変わらない朝;両親への相談;新しい生活;失敗;あいつの父親;言い合い;お父さんの病気;忘れないで)
第3章 夫がだんだん別人になっていく(精一杯;生きてるのに;ずっと話したかった;自分の人生;大きな岐路;家族の形)
第4章 夫がわたしを忘れる日まで(不思議な感覚;自由になれる;バス停にて;翔太のノート;誓いの言葉;何度でも)

著者等紹介

吉田いらこ[ヨシダイラコ]
漫画家・イラストレーター。2020年1月にエッセイマンガ「若年性認知症の父親と私」をSNSに投稿し、大きな話題に。本作はその経験をもとに、フィクションを織り交ぜたセミフィクション作品となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

104ちゃん

4
漫画なので読みやすかった。内容はハード。若年性認知症。つらいだろうな。自分の場合、親が認知症になり、子供のことを忘れてしまったショックが忘れられない。それが自分の夫だったら、まだ40代だったら、ショックはいかばかりか。本書の終わり方は、ちょっときれいごと、と感じてしまった。(2024・1)2024/02/10

鷹偉 誠也

3
昔から「死」の恐怖をずっと抱えて生きているが、生物学的に生きていても、認知症でどんどん自分じゃなくなっていく恐怖は、今までずっと抱えてきた恐怖とは何が違うんだろうか。家族に迷惑をかける、孤独と闘い続ける、対処法はないに等しい。そうなってしまった時に自分ならどうなるのか…色々考えさせられる1冊。2024/02/11

Minori Murata

2
この葛藤わかる… どっちの葛藤もわかる… 正解なんてない 後悔は何をしてもあるだろうな…2024/01/17

あろぴ

1
明日は我が身、当事者になるのか、看る側になるのかはわからないけど。対処できなさそうな(どちらの側に立っても)気がしてこわい2024/04/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21643423
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。