お家、見せてもらっていいですか?

個数:
電子版価格
¥1,540
  • 電書あり

お家、見せてもらっていいですか?

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年04月24日 05時01分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 168p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784046827180
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0095

出版社内容情報

とにかく家が好き! 流行りのアニメやゲームよりも、家を探究することに情熱を注ぐ小学3年生の家村道生が、自由研究のテーマにしたのは「家」。

母親と団地でふたり暮らしの道生は、将来一軒家に住むことを夢見ている。そこで、人気のお菓子「チョコDEパイ」を片手に町内の気になる一軒家を訪ね、家主に交渉し家の中を見せてもらうことに……。大きな日本家屋や緑に覆われたもじゃもじゃハウス、お城のような豪邸、増築しすぎの家、手作りの山小屋など、訪ねた先の家主と交流しながら、道生は自由研究を進めていく。家主のこだわりを詰め込んだユニークな建築造形の魅力と、道生との交流によってまるで息を吹き返したかのような家主たちの心の変化を味わえる人間ドラマを描く。各話にささやかに登場するスイーツにも注目!?
はたして道生の理想の一軒家とは?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Nao Funasoko

16
友人のSNS投稿で知った一冊。読み始める前から読んでる途中までずっとノンフィクションだと思ってた(笑)。 最後は、ややまとめすぎなきらいもあったけど楽しく読了。コミックエッセイ的なジャンルだとKADOKAWAはアタリ!が多い気がする。 ASCIIのDNAが混じったことが多少なりとも影響してるのかしらん。わからんけど。 2024/02/16

おさと

10
小学生のお宅拝見物語。とあるコマで泣きそうになった。2024/03/23

sazen

9
小学生男子が色々なお家の中を見学させてもらう、という変わったコミック。間取り図も添付されているのが楽しい。1話づつ住人の生き様や悩みがしっかり反映されている。私は、ミニマリストの家と、増築しまくりのシェアハウスを見てみたいなぁ。そしてここで甲本ヒロトの名言に出会えるとは嬉しい限り。2024/01/06

ごま

8
すごく良かった。一軒家の家主たちは家好き少年と話すことで気づきがあり、小さな前進をする。少年は母の愛に包まれていて幸せではあるが、同級生と話が合わないことが少し寂しい。でも家主たちとの出会いが彼にも気づきをもたらす。甲本ヒロトさんの言葉は本当にその通り。一冊通してとても上手く纏まっていて、クスッと笑わせるところもある。すっかり佐久間さんのファンになった。(「そこらへんのおじさん物語」のフリマに出てた変な置物がここでも出てきた!?)2024/02/27

ちいこ

8
お借りして。面白かった~最後はちょっと胸がいっぱいになって泣きそうに。2024/01/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21662795
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。