MF文庫J<br> 緋弾のアリア〈37〉第三の男(ワンダー・ノッギン)

個数:
電子版価格 ¥726
  • 電書あり

MF文庫J
緋弾のアリア〈37〉第三の男(ワンダー・ノッギン)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月07日 17時13分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 296p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784046814791
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

シリーズ累計900万部突破の超人気シリーズ!

内容説明

武装探偵、通称『武偵』。それは凶悪化する犯罪に対抗するため武装を許可された探偵である。トップレベルのSランク武偵・アリアの相棒に選ばれてしまった(普段は)ただの一般人・遠山キンジ。アリアやネモとインドに着いたキンジは、シャーロック率いるイ・ウーと遭遇する。第2回イ・ウー同窓会を開催したシャーロックは、インドにいる女神・カーバンクルの元から『神秘の器』を奪還するようキンジに依頼した。それはシャーロックの力を10倍に増やし、Nに勝利できるようにする財宝だという。同窓会から選抜された女子6人と凸凹奪還チームを結成したキンジ。不思議の国インドで始まったのは、まさかのバス旅で…!?

著者等紹介

赤松中学[アカマツチュウガク]
生年月日、年齢、出身地、現住所に至るまで全てが不明の覆面作家。『アストロノト!』で第3回MF文庫Jライトノベル新人賞優秀賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

彼方

7
ノーチラスとNが合流し、開かれた第2回イ・ウー同窓会。その目的はインドにいる女神・カーバンクルから神秘の器なる物を奪還することで…な第37巻。今回の舞台はインドという事で、博識メヌエットの再登場や仲間の充実もあってだいぶ観光気分だったなぁ…インドの現実そんな感じですよね。個人的には猴の動向が嬉しくて、仲間になると体術といいハイパーステルスといい強いなこの子は…健気だし癒し枠でもあって。原始の生活を望むカーバンクルを文明の良さを諭す、キンちゃん定番の語りも決まったところで綺麗にバシッと決まった巻だったなと。2022/06/27

ささじー

2
今回はシャーロックのからの依頼でキンジは財宝を取りに行くことに財宝の正体は確かに、シャーロックにとっては財宝だよ!2022/06/24

Ru

0
ロリも何もガチの子どもでヒスるキンジは本当にラインを超えてると思った。そんなことより、244ページでルシフェルに同調するメヌエットの発言はメヌエット推しとしては許せない。メヌエットは別にキンジの口八丁でコロリと落とされたわけじゃなくて、ひたすらアリアを助けるために必死だったところが評価されての現関係なのに、あたかもそうであるようなやりとりになっている。決定的だったのはあのベッドシーンでの表面的なやり取りだったのか?メヌエットはそうじゃないと思ってたのに。2022/07/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19741596

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。