MF文庫J<br> また殺されてしまったのですね、探偵様〈2〉

個数:
電子版価格 ¥726
  • 電書あり

MF文庫J
また殺されてしまったのですね、探偵様〈2〉

  • 提携先に80冊在庫がございます。(2022年05月16日 22時11分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 319p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784046811837
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

殺されても生き返る特殊能力を持つ半人前の高校生探偵・追月朔也。事件が起きる度になぜか被害者になってしまう彼は助手のリリテアと共に、父の残した探偵事務所を支えながら父の死に関わっていると思われる凶悪犯罪者《最初の七人》の行方を追う日々を過ごしていた。
そんな朔也たちに、ある日英国最高の探偵にして父の旧友・フィドから連絡が届く。
さらに朔也とフィドの目の前で「観覧車が一周する十分間に十五の密室で起きた」不可能犯罪が発生し!? 
遊園地で起こった猟奇的な事件を巡る『人食い観覧車の園』の他、ある犯罪者の視点を描く『Y・デリンジャーの挨拶』、孤島で起こる凄惨な殺人事件『画廊島の殺人』を収録。

内容説明

殺されても生き返る特殊能力を持つ半人前の高校生探偵・追月朔也。事件が起きる度になぜか被害者になってしまう彼は助手のリリテアと共に、父の残した探偵事務所を支えながら父の死に関わっていると思われる凶悪犯罪者“最初の七人”の行方を追う日々を過ごしていた。そんな朔也たちに、ある日英国最高の探偵にして父の旧友・フィドから連絡が届く。さらに朔也とフィドの目の前で「観覧車が一周する十分間に十五の密室で起きた」不可能犯罪が発生し!?遊園地で起こった猟奇的な犯罪を巡る『人食い観覧車の園』の他、ある犯罪者の視点を描く『Y・デリンジャーの挨拶』孤島で起こる凄惨な殺人事件『画廊島の殺人』を収録。

著者等紹介

てにをは[テニオハ]
作家・ミュージシャン(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

29
父の死に関わっていると思われる凶悪犯罪者《最初の七人》の行方を追う日々を過ごしていた朔也とリリテア。そんな朔也たちに、ある日英国最高の探偵にして父の旧友フィドから連絡が届く第二弾。いきなり繰り返されるお約束展開には苦笑いでしたけど、今回は個性的な新キャラの探偵フェド&ベルカのコンビと共に、観覧車が一周する間に十五の密室で起きた不可能犯罪、孤島で起こる凄惨な画廊島の殺人に挑む展開で、やりたい放題の《最初の七人》相手に朔也は振り回されっぱなしな感もありましたけど、ここからの反撃に期待したいところではあります。2022/02/25

しぇん

20
相変わらず挿絵が素晴らしいです。というか、いきなり後半の事件が続きものになっているとは驚きです。ミステリーなのかは人によって感想変わりそうな気もしますが、特に何も考えずに読んでしまいました。2022/04/02

碧海いお

10
1巻の終わり方が気になって買いましたが、やはり、ミステリーというよりか登場人物を売りにしている作品という印象は変わりませんでした。 10代が読むライトノベルとして懐かしい空気を感じ、GOSICKを思い出しました。 3巻の発売が決定をしているみたいですが、今後、登場人物が増えるとしても女の子ばかりなんじゃないかと。2022/05/14

リク

9
前回は生き返って犯人を特定するという設定に度肝を抜かれたけど、今回は死んでも顔を見ておらず、状況から犯人を割り出すところが探偵っぽかった。探偵仲間も出てきて、賑やかさも増す。事件の方も観覧車といい、セイレーンといいスケールがでかい。常人の発想じゃ浮かばないようなところにたどり着けるのは、死んでも探偵ということか。そしてまさかの続く。厄介な『最初の七人』の思惑を超えて一泡吹かせられるのか。…しかし、リリテアの素が出るとこ可愛すぎない? それだけで大勝利なレベル。2022/03/05

真白優樹

9
「最初の七人」の対処の為に父の旧友であるイギリス最高の探偵、フィドに協力を依頼する中新たな事件に見舞われる今巻。―――未熟な卵、羽化する時は来るものか。 十五個の密室の不可能殺人、そして絶海の孤島の館の殺人事件。新たな事件が朔也へと襲い来る中、「最初の七人」が彼の周りで動き出す今巻。更に舞台が深まり醸成されていく中、振り回されるばかりの朔也は反撃できるのか。未だ孵化の時を迎えぬ未熟な探偵の卵は、事件の中で開花できるのか。果たして未だ続く殺人事件の裏の真実とは何か。 次巻も須らく期待であるべし。2022/03/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19271547

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。