MF文庫J<br> 探偵はもう、死んでいる。〈6〉

個数:
電子版価格 ¥726
  • 電書あり

MF文庫J
探偵はもう、死んでいる。〈6〉

  • ウェブストアに30冊在庫がございます。(2022年07月04日 15時42分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 328p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784046809148
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

名探偵の私・シエスタと助手・君塚君彦の出会いは、地上一万メートルの上空、ハイジャックされた飛行機――ではない。
「あなたには、日本へ行ってもらいたいのです」
本当の始まりは四年前、《連邦政府》から受けたあるスパイの捜索依頼。
日本に飛んだ私が加瀬風靡の協力を得て彼の関係者との接触を図ると――

「ちょうどいい、お前も覚えておけ。その腹立たしいクソガキの名前は――」

ねぇ、助手。どうして私が君を旅に誘ったのか、不思議に思ったことはない?
今から語られるのは、三年にわたる目も眩むような冒険劇を繰り広げた君ですら知らない、私だけの秘密。
あの遙かな空の出会いに至るまでの、真の始まりを描く前日譚。

内容説明

名探偵の私・シエスタと助手・君塚君彦の出会いは、地上一万メートルの上空、ハイジャックされた飛行機―ではない。「あなたには、日本へ行ってもらいたいのです」本当の始まりは四年前、“連邦政府”から受けたあるスパイの捜索依頼。日本に飛んだ私が加瀬風靡の協力を得て彼の関係者との接触を図ると―「ちょうどいい、お前も覚えておけ。その腹立たしいクソガキの名前は―」ねぇ、助手。どうして私が君を旅に誘ったのか、不思議に思ったことはない?今から語られるのは、三年にわたる目も眩むような冒険劇を繰り広げた君ですら知らない、私だけの秘密。あの遥かな空の出会いに至るまでの、真の始まりを描く前日譚。

著者等紹介

二語十[ニゴジュウ]
第15回MF文庫Jライトノベル新人賞にて最優秀賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

35
名探偵・シエスタと助手・君塚君彦の本当の始まり。四年前、連邦政府から受けたあるスパイの捜索依頼で日本に飛んだシエスタが、加瀬風靡の協力を得て関係者との接触を図るシリーズ前日譚。実は地上一万メートルの上空、ハイジャックされた飛行機の前にあったシエスタと君塚の密かな邂逅。明らかになってゆくそれぞれの過去と、期せずして交錯する二人のらしさが詰まったエピソードでしたけど、今回のキーマンだったダニーの印象的な言葉がなかなか効いてましたね。これを読んだ後だと物語冒頭にあったエピソードの意味もまた違って見えてきました。2021/12/21

芳樹

35
【BW】高度一万メートル上空で始めて出会った君塚とシエスタ。実はすでに別の形で出会い、一緒に謎を追いかけていた…。二人の真の出会いを描いた前日譚でした。シエスタや君塚の考え方や行動原理のオリジンが分かって、本編の理解がさらに深まりました。やっぱりこの二人の関係は良いですね。二人がもう一度出会い、笑いながら丁々発止のやり取りをする姿を早く見たいものです。本編の続きが楽しみ。そして新しい髪型の夏凪が可愛いくて良き。2021/12/03

オセロ

27
約4年前の君塚とシエスタの密かな出会い、そして君塚の師匠を名乗る謎の男・ダニーの物語。 今回は今まで出てきてなかった調律者を絡めながら、ダニーを狙う謎の組織との戦いを通じて明らかになるダニーの意外過ぎる正体と、ダニーが守っていたものの正体は驚きましたね。 今巻の物語が今後の展開にどう影響するのか楽しみです。2021/11/28

おにおん

20
君塚とシエスタの本当の出会いを描いた第6巻。『名探偵』の遺志が引き継がれてきていることが描かれていて、効果的に本編を補足していました。今巻を読んだ後だと、君塚の「理不尽だ」という口癖が尊いものに見えてきますね。今巻を読んだことで、次巻からの本編の内容をより楽しめそうです!2022/01/02

ツバサ

18
シエスタと君塚が飛行機で出会う前の物語。どれだけ2人の関係には秘密があるのか。少年の頃の君塚の生活の背景や状況、シエスタが1人で動いていた時の心情、2人が初めて出会うまでと出会ってからの変わりように心が暖かくなりました。君塚達の旅の小休止の話にしては中々揺さぶられるものがありました。ブログにて→ https://wing31.hatenadiary.jp/entry/2021/11/27/210000 2021/11/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18845970

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。