MF文庫J<br> 海鳥東月の『でたらめ』な事情

個数:
電子版価格 ¥726
  • 電書あり

MF文庫J
海鳥東月の『でたらめ』な事情

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月02日 07時51分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 328p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784046809124
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

「財布? 携帯? ぜんぜん違うよ。私が盗まれたのは――鉛筆さ」仲良しのクラスの女子・奈良芳乃(ルビ:ならよしの)から突如、謎の相談を受けた海鳥東月(ルビ:うみどりとうげつ)。だがそれは奇妙奇天烈な事象の始まりに過ぎなかった。海鳥の自宅に現れた謎のネコミミパーカー『でたらめちゃん』。彼女によって引き起こされるトイレの貸し借り、裏切り、脅迫、掴み合いからの一転攻勢、そして全力の命乞い……全てを終えた後、でたらめちゃんは海鳥に告げてくる。「海鳥さん。私と一緒に、嘘を殺してくれませんか?」海鳥は訳も分からぬまま『嘘殺し』に協力することになり!? 
第17回MF文庫Jライトノベル新人賞〈最優秀賞〉作は奇妙奇天烈! だけど青春ストーリー?

内容説明

「財布?携帯?ぜんぜん違うよ。私が盗まれたのは―鉛筆さ」仲良しのクラスの女子・奈良芳乃から突如、謎の相談を受けた海鳥東月。だがそれは奇妙奇天烈な事象の始まりに過ぎなかった。海鳥の自宅に現れた謎のネコミミパーカー『でたらめちゃん』。彼女によって引き起こされるトイレの貸し借り、裏切り、脅迫、掴み合いからの一転攻勢、そして全力の命乞い…全てを終えた後、でたらめちゃんは海鳥に告げてくる。「海鳥さん。私と一緒に、嘘を殺してくれませんか?」海鳥は訳も分からぬまま、嘘殺しに協力することになり!?第17回MF文庫Jライトノベル新人賞“最優秀賞”作は奇妙奇天烈、だけど青春ストーリー?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

オセロ

37
泥帽子という人物の力で嘘が実体化するようになった世界を舞台に、ある事件をキッカケに出会った、嘘をつけない海鳥東月と嘘しかつけない嘘が具現化した少女の『でたらめちゃん』が世の中に蔓延る世界を捏造する嘘をつく嘘憑き倒していくSFファンタジー。 デタラメちゃんが東月を仲間にする為の駆け引きや、かつてデタラメちゃんが所持していた泥帽子一派の刺客の嘘活かしとの戦いでの逆転劇は読み応えがありました。2021/11/25

よっち

36
仲良しの同級生・奈良芳乃から突如、鉛筆が盗まれたと相談を受けた海鳥東月。そんな彼女の自宅に現れた謎のネコミミパーカー『でたらめちゃん』に脅迫され、彼女に協力する青春ファンタジー。訳も分からぬまま、謎めいたでたらめちゃんの『嘘殺し』に協力させられる海鳥。そんな彼女たちの秘密を知ってしまう芳乃。ワケありのでたらめちゃんを追う彼女のかつての仲間たちがいて、構図が変わるたびに少女たちの印象も二転三転するやたらとカオスな展開でしたけど、皮肉にもそんな状況で育まれてゆく友情、そして仲間としての絆が印象的な物語でした。2021/11/24

まっさん

24
★★ MF文庫新人賞最優秀賞受賞作品。 序盤の導入部分は他に類を見ないような程奇抜で魅力的なものであり、ここから物語がどう繰り広げられていくのかワクワクさせられたが、残念ながらやや尻すぼみ感を感じられる読後感だった。 物語の設定はなかなか面白いものであり、日常において飛び交う「嘘」が空気中を漂う存在であり、それを取り込むことによって人間は嘘をつく、又その想いの強い人間が嘘憑きとなる事で「嘘」が具現化し、世界を滅ぼしかねない脅威となる〜という設定はとても魅力的なものであった一方、スケールの大きい話を期→2022/01/14

TERU

17
ある日自宅に現れた謎のネコミミパーカー『でたらめちゃん』。彼女は私にこう告げてきた。 「私と一緒に、嘘を殺してくれませんか?」 主人公『海鳥東月』は訳も分からぬまま彼女の『嘘殺し』に協力することになるのだが... でたらめちゃんとは嘘から生まれた嘘の擬人化。海鳥東月とは絶対に嘘がつけない少女。そんな二人が嘘を殺していく現代異能バトルという何だか惹かれる内容。 序盤の掴みがここ最近読んだラノベの中でも頭一つ二つ抜けて強烈で一気に引き込まれ中盤以降から尻窄みに感じました。2021/12/14

真白優樹

17
級友の少女から鉛筆の盗難について相談された少女が、でたらめちゃんと名乗る謎の女の子に襲撃され始まる物語。―――殺せ嘘を、遂げよ、願いを。 正に混沌、正にごった煮。非常に摩訶不思議、エキセントリックな中に確かに一本通った青春の面白さがある物語であり、様々な意味で心に残るであろう、癖の強い面白さのある物語である。始まったばかりの彼女達の戦い。果たして嘘たちの屍山血河を気付きあげ、彼女たち自身の目的を果たす事は出来るのか。この先、この物語にはどんな展開が待っているのであろうか。 次巻も勿論楽しみである。2021/11/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18841319

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。