MFブックス<br> 転生無敗の異世界賢者―ゲームのジョブで楽しいセカンドライフ〈1〉

個数:
電子版価格
¥1,430
  • 電書あり

MFブックス
転生無敗の異世界賢者―ゲームのジョブで楽しいセカンドライフ〈1〉

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 324p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784046804396
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

ハマっていたネットゲームのラスボスを倒した瞬間、異世界へ転生・召喚されたユーキ。
彼は、ゲームで使用していた最強職の『賢者』となったが、『勇者』を召喚するつもりだった国王や他の勇者に、城から追い出されてしまう。
ゲームと違い『賢者』は弱いのか……と思ったユーキだったが、ゲームと変わらぬ膨大な魔力を持ち、様々な能力を獲得できることに気づき、彼は冒険者として楽しいセカンドライフを送ることにした。しかし、ユーキの強さに気づいた王国は、彼を脅威とみなし数々の刺客を送り込む。だがユーキは、そんな刺客たちをもあっさり撃退し、なぜか一緒にパーティを組むことになった隣国の皇女アレリアと、冒険者として上り詰めていく。
「案外『賢者』って弱くないんじゃないか?」「いや、ユーキは規格外ですから……」
最強ジョブで歩む第二の人生が、ここからはじまる!

内容説明

ネットゲームのラスボスを倒し『賢者』となって異世界へ転移したユーキは、『勇者』ではないため城から追い出されてしまう。最強職『賢者』の能力を知った彼は、冒険者としてセカンドライフを送ることにした。ところが―。万能賢者の異世界セカンドライフ、開幕!

著者等紹介

蒼月浩二[アオツキコウジ]
小説投稿サイトに投稿した『転生無敗の異世界賢者―ゲームのジョブで楽しいセカンドライフ』が話題となり、2021年6月に商業出版デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

1
ほぼタイトル通り、主人公が剣と魔法が万能な賢者であることが特徴ですね。1巻ではヒロインが2人登場します。全体的にポジティブな内容なので明るいお話が好きな人にオススメ。2022/08/11

菊地

1
テンプレ通りの無自覚無双系で、登場人物の掌の返し方がクルックルだし、展開も雑でペラッペラ。全体的にどこかで見たような展開や描写ばかりで、薄っぺらく、軽過ぎる。僕には合わないし、微妙。2022/08/07

にっし〜

0
★★⭐︎⭐︎⭐︎2021/08/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17977249
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。